ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 壊れた門壁を信じて 時間は誰の味方?

<<   作成日時 : 2009/08/29 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

あーるヴいあーる大王

画像


やば、仕上げてる時間がない(;´・ω・`)

技術者はRVRにもってくもの多いですよね。ブロック、エネ石、ソウル、コンビバレルも3山くらいもってかないと不安。バレルがまとまってよかったです(古)。うわもういかなきゃ間に合わない。

−−−

しなののRVR


「今日はどうするぃね」

「こないだもラング取られちまったで、こんだぁみんなで守んなきゃいけねずら」

「守りきれるもんだだかいやぁ。よその城攻めて門あけちまった方がよかねぇかい」

「攻めるのもやんなきゃいけねけんども、いつもすぐに取り返されちまうのもゴウワクで」

「みんなでいちどきにいかねえと効かねぇね」

「おい、へぇRVR始まるじ。行きましょや」

「いけね、遅れちまうわ。とんでかねえと」

「待っとくれや、替えたばっかの靴がつもくてとびづれぇで。ほれにライトブロックやらエネルギーストーンやら持ってくもんいっぺぇあるだに」

「なんだい、やぶせってえなぁ。先行ってるじ」


−−


「どうだい、そっちゃあ」

「人ぉ集めて行ったけんども、まぁず兵器だの高レベルだのがたんと来るもんで、ささらほうさらだったわ」

「ほうかい。おらほも城の壁やらラング3のベースやら叩かれるでそのたんび追い出しィ行くけんども、きりァねえわ。やんなるぃね」

「ログはこすいでね。ふんとにいやぁらしい」

「ほれ、来たじ。そこらぃライトブロック建てまショ」

「たんと来たなぁ。おっかないわ。壁ぇオゾくなってるで、こんだヒトッキラに開けられちまうかもしれねじ」

「人ぉ呼ばらなきゃいけねわ」

「城ん中ぁへえられるとゴタになるでね」

「こっちぃ敵来てるイトにキリかガメの壁開きゃいんだけども」


−−


「へぇだめかやぁ」

「何言ってるだい、まだ内門が片方開いただけじゃねぇかい」

「城周りの建てもンとられてやしねぇかやぁ」

「あんじゃねぇせ、城ん中のベースも建たったに。・・・うわっ」

「ほれみましょ、ゼプルリーンで空爆してきたに。なんともねぇかい」

「飛んできた石ぁ鎧の無ぇとこ当たって、血ぃ死んじまったわ。んとに、しゃら痛ぇ」

「爆弾まともに当たらなんでよかったってもんズラ」

「あぁ、あすこのポム死んじまったわや。モウラシイ」

「どんどん落ってくるわ」

「いっからかげん、テキネェねえ」

「ズク出しましょや。おわりに敵さんいっぺぇ来るじ」

「しょうねぇ、やるかぁ」


−−


「もっとブロック建たんねぇかね」

「技術者が少ねぇでね、ハカいかねわ」

「コアルームに人いねわ。他のショウは何してるだい、みんな集まんなきゃいけねに」

「ぐざってもしょうねぇわ。あっちぁあっちで忙しいずらに」

「ほうかやぁ。あぁ、外のベース壊されちまうワネ」

「ぶちゃっときゃいいわ。へぇ時間ねぇで」

「わぁ、たんとへえってきたワネ」

「コアにはっつかれたじ、はならかせねぇかい」

「やれぇないね。おら刀おっぽれちまったわ」

「取られちまうイネ」

「しょうねぇセ、守るのはまたこんだにしましょヤ」

「けぇるか」

「ほうせ、今から人呼ばっても間に合わねぇでね」

「じゃ拠点までとびっくらしてくかぃ」

「そんなズクねぇわやぁ」

「おれもねぇわ」

「気ぃつけてけえりましょや」

「あい、またなぁ」


地元の方言でRVR。特に意味もオチもありません( ・ω・)
なんか否定的な文章ばっかりだ。でもそういう印象がある方言かも。年長者の方ほど普段頻繁に使わないので、やや方言の意味勘違いしてるところがあるかもしれません。

やる気があるんだかないんだかわからない農民兵な感じ。まぁ、このくらい気楽なのがいても…。


参考
長野県方言-Wikipedia-


RVRでいちばんもどかしいは、ハーケンでハイド見つけても一人じゃ排除できないことです。その度ヘルプ要請して周りの人の手を煩わせず、本当はレベル上げてまともな戦闘できるようになった方がいいとは思うのだけど、いろいろわだかまりのようなものがあって踏み切れません(´・ω・`)

言い訳でした。


−−−


買ったモノメモ

青い花 3・4巻
臨死!江古田ちゃん 4巻
謎の彼女X 5巻
名探偵コナン 65巻
HELLSING OVA 2・4巻
イリヤの空、UFOの夏 OVA 2・4巻
百舌谷さん逆上する 3巻
ぢごぷり 1巻
CYNTHIA THE MISSION 1巻
リトルバスターズ
pixiv年鑑2009
小中ロック(18禁)


謎の彼女X読むといつも悶々としてしまうので、読むタイミングが難しいです。困る。どのタイミングならいいのかは言えないけれども。
青い花もまたそれとは違う感じでもやもやする。あーちゃんかわいいな(・ω・)

江古田ちゃんは全裸であるのに微塵もそういう感情が生まれないのがいつもながら不思議です。あれ、4巻は限定版あったんだ。3千円だと…?なにがついてるんだ。Tシャツ……まぁ…これはいっか…。

−−

何十巻ぶりかにコナン買ったら長野弁がネタに使われてる話があって、読んだのがこの記事書いてる途中だったのでちょっと驚きました。個人的には「とんでく」に当てる漢字は「飛んでく」より「跳んでく」じゃないかなと思ってます。コナンは台詞の終わりが三点リーダになってることがすごく多いですね… 句点で終わることが無くて、「…」じゃなければ「?」や「!」とか… なんか気にし始めると「…」が少ししつこく思えてきた… |ω・)…

−−

やっとイリヤのOVAが全巻揃いました。今度通しで観よう。

ヘルシングも揃えたいけどどうしようかな…お金が…。
通常盤にはコメンタリーついてないのが寂しいです。別になくても本編観られただけでかなり楽しかったのだけど、なんというか日曜洋画劇場の淀川さんのコメントが聞けなかったときの物足りなさみたいな。


エルエル さん

 LIFE誌が公開してるナチスの写真
http://10e.org/mt2/archives/200908/250021.php


−−

ぢごぷりのカバー裏に斑目がいてなんだか嬉しかったです。

斑目の感想と被るけど、なんでこの絵柄なんだろ。話がシリアスになりすぎないように…なのかな。四年生や五年生のときみたいに人の感情のドロドロしたところが強く描かれてると嫌だなと思ったのだけど、そうでもない、かも。

自分の子供の存在を疎ましく憎く思う気持ちは少し分かるような気がします。…なんて言うと、やったことがある人にしかわからないよ、と言われちゃうかな(;・ω・)

でも育児経験がなくても、特定の肉親に対しての強い愛憎の狭間で葛藤したり自己嫌悪したりする経験は多くの人があると思うので、少なくとも子供に対する愛憎渦巻く母親の気持ちはあまり難しく考えなくてももしかしたら結構理解や共感できるのではないかと思いました。

むしろ大人になってから肉親とあれこれあった方がひどくこじれてしかも長く深く続いてしまったり…。

続きが気になります。
げんしけん2〜4巻あたりの絵柄が好きでした|ω・)

−−

百舌谷さんはなんだかクライマックス。次の巻で終わっちゃいそうな勢い。1巻読んだときはあまり話に入り込めなかったのだけど、2巻で興味が湧いて来て3巻を見入って読んでいま4巻をわくわくしながら待ってます。

「ツンデレ」が病気だった場合こうなっちゃうのかと思うと怖いですね。ドジっ娘なんかも実際いると誰にも信用されないでしょう。ぢごぷりの妹みたいに、赤ちゃんの世話を任せられないと姉から殺気を孕んだ目で難詰されてしまったり。二次元限定の萌え要素がリアルな世界に置かれるとたちまち不快なものになってしまふ。不快というか、冗談で済まない問題が引き起こされてしまってとてもじゃないけど安易に許容できるストーリーにはならない。

そういう「実際いたら嫌だよねぇ」という話が現実でなく二次元である漫画としてここまで描かれてしまった後に、猶まだその要素に気軽に萌えられるものでしょうか。別にそういう形骸化したものの解体とか破壊を本題にしてるわけじゃないと思うけれど、これからそういう話が増えたりするのかも、なんて思いました。要素の新しい解釈とかが更に増えて新しい流行になったり。

江古田ちゃんが女の子の「狙ったかわいらしさ」などの裏にある計算や本心などを暴いているのとはまた違って、江古田ちゃんは現実を漫画にして皮肉っているけど、百舌谷さんは空想の世界を別の空想の世界に放り込んで皮肉にしてるような。でもそれが主題ってわけじゃないですよね。ツンデレ病もお話を転がしていくための要素としてあるだけで、えーと、うまくいえない。あれか、語れないものは語るべきでないとかなんかそういうの?わぉすごく頭悪そう。知るか。今更恥を増やしていくことに何のためらいがあろうか。一時の恥が積もり積もったらなんかこれ新しいものできるのじゃないかしら。もう全く漫画と関係ない話だわね。

看護士のタマちゃんが好きです。うそっぽくて。
あとカバー裏が過去最悪でした。表紙の百舌谷さんはクリーンヒットだったのに。空談師の2巻みたいにカバー裏では表紙絵のキャラが裸になってたらよかったのnうわなにを(ry

−−

ゲームやラノベのコミカライズは幾つか読んだことがありますが、読んでがっかりしてしまう出来なことがしばしばあります。キャラやストーリーの解釈が多少は原作といろんな意味で違ってもいいから、ひとつの漫画作品として完成度の高いものを描ける人に描いてもらえると読んでて楽しいのに。作家さん独自の解釈とストーリーが強く出ていて、原作ファンの人に「これはちょっと違う…」と思われたとしても、「しかしそれでも面白い!」と言わせるくらいのものが読みたいです。

というか、作家さんの責というよりは、とりあえずてきとーに漫画にすれば既存のファンは買うだろうという出版社の目論見が気に食わない。読者なめんな!いや、偏見かもしれないですけど。色んな事情があるのでせうね。そもそも長いお話をわずか1〜2巻にまとめるってのが無理な話。どうかもうちょっと長期的な展望を持って作ってもらいたいです。そのうち見限って誰も買わなくなっちゃうぞ!

もちろん、漫画化されてもとても面白い作品もあります。そういうのを見ると、他の好きな作品もこのくらいの質で読みたかったなぁ…と悔しく思うのです。

今はイリヤの空、UFOの夏の漫画版ががっかりしそうで怖くて買えません。

−−

pixiv年鑑…ネットでイラスト見られるなら買う必要ないかもですけど、手に取れる本の形になるとまた違った感慨があるやもと思って買ってみました。

ちょっと…期待と違ったかも…( ・ω・)
個人の画集とかだと1ページにイラスト一枚とか載せられてて迫力や線の手触りを楽しめるのですが、これは1ページに数点の縮小画像が載っているのが多く、作者さんとその作品の紹介がメインとなってます。美術の教科書思い出しました。画集じゃなくて「年鑑」だからそういうものなのでしょうけど。

でもpixivユーザーは非常に多くて全ての絵を見るなんてとてもできないので、こうして本にまとめてもらえると自分の好みの作家さんを探しやすいです。

nimさんの「おかあさん、これ買って」のたぬきがかわいすぎてもう、好意的な意味で「いやああああああ(はぁと)」とかオナゴのように叫んでしまいそうになりました。買っちゃる、なんでも買っちゃるけんのぉ。



本の感想書くセンス全然無いな…とうつむく今日この頃。そのほかにも足りないものはいくらでもあるけれども、まぁ、無いことに少しずつでも気づいていけるのはよいことにちがいない。きっと。
何が余計なのかも考えてゆかねば…。


|ω・)ノシではまた…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
方言のRVR、なんか大変なんだけど、のんびりした感じが
いいですね〜
ハーケンで見つけても一人で排除できないってとこは
フレさんの悔しさがわかるようなきがします・・・
私じゃあまりやくにたたないと思いますがw、ちょっとくらいは
お手伝いできるかなぁなんて思ったけど|ω・`)
いらないよねww
erie
2009/08/30 18:22
RVRはあまり気張らず楽しむ余裕もあるといいですよね。かといってだらだらやると楽しくないものなので適度な緊張感で。
ハイド発見したときに一瞬で消し飛ぶということはないものの、倒しきれないので誰かあるいは攻撃型ブロックの手助けがないと排除できないのがもどかしいです。そのためにPT組むなんてのはもったいないし…レベルかぁ…。
エリーさんのレベルで役に立たなかったら僕など何のためにいるのかという話になっちまいますぜ|ω・)
お暇でしたら、どんどん来るといいよ!
ふれ@管理人
2009/08/30 20:27
こちらでは初めましてでこんにちは。
キツネ尻尾を揺らしながらぱちこんして歩いているポムを見かけたらバニで追いかけるようにしています。
前線に呼ばれる時は「ごめんなさい、そろそろ行かないと…だから…ごめんなさい…」と心で呟きながら移動。
私はまだまだ降りて戦えるレベルではないですけどRvRがんばりましょう。
堕天使なビコン
2009/08/31 12:33
こんちゃー。そのポムについてゆくともれなく死亡フラグが立ちますのでお気をつけください。或いは「私はなぜこんなところにいるのだろう」と迷いの森に入り込みます。
目の前で死んだら( ̄人 ̄)南無南無と心の中で合掌してやってください。けっして仇を討とうなどと考えては…。
僕も長いこと歩兵で戦えるレベルではないですが、スミスなのでかろうじてレベル低くてもRVRでできることあるので続けられております。来週もがんばりませう|ω・)ノシ
ふれ@管理人
2009/08/31 19:24
今週もお疲れ様でした。
今回は別キャラのアノ77ビコンで前線へ出て陽動のつもりでチョロチョロして一撃死しておりました。
おかげで拠点回復は一人で頑張ってたみたいですが・・・

長野の方言が三河の人間にも微妙に通じるだげぇな、ということが判明。
来週もがんばらまい
三浦じゃないよ
2009/09/01 01:25
おつかれさまでした<(・ω・)>
アノビコンは時々見かけました。どこへゆくのだろう。あら一撃死とな。僕は二・三発はもちます。ふふふ、勝った…。

拠点回復一人は大変そう(´・ω・`)
GMさん来てやってくれないかな。なんて。

秋田のショウにも微妙に通じるみてぇだじ。ということがかみーゆさんで判明。来週もズク出していくぃね。…なんか胡散臭いなぁ。僕の方言あまり信用しない方がよいやも|ω・)
ふれ@管理人
2009/09/01 02:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
壊れた門壁を信じて 時間は誰の味方? ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる