ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の山で

<<   作成日時 : 2010/06/02 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

五月末の絵日記

画像


画像


画像


画像


−−


熊が怖い。

実際遭遇はしなかったものの、下山途中で「ぐるる」という獣の唸り声に似た音を僕含めて周囲の何人かが聞いてしまい、熊?熊?とかなり不安になりました。

熊なんて見たこともないし、どうせいないだろうと思ってしまってるところがありましたが、一度そうやって「近くにいるのじゃないか」という不安を抱いてしまったら、そこから結構な恐怖心に繋がってゆきました。

でも熊除けの鈴が支給されたり、熊に対しての注意事項などが特別言い渡されるということもなかったです。いないの?いるかもしれないんですよね?もうちょっとこう、ちゃんとした対策を取っていただけると、多少不安は解消されるのですが…。


なので、自分でネットで調べた熊遭遇時の対処方法をいくつか書いて覚えておこうと思います。


−−


・走って逃げない、背中を見せない。

・立ち止まって話しかける(吠え掛からず)。

・ゆっくりと後ずさりしながら、持ち物を置いて注意を逸らしつつ徐々に離れる。

・死んだフリをしない。

・小熊を見かけたら、必ず近くに親熊がいるので決して近づかない。

・もし襲われてしまったら、鉈など手持ちの武器で死に物狂いで反撃する。


−−


あわてて逃げる行為は熊を刺激してしまうそうです。逃げたり背中を見せたりする人には襲い掛かる習性があるのだとか。熊と遭ったらまず落ち着いて。

死んだフリをしても咬まれたり引っ掻かれて重傷を負いかねないそうな。
木登りは熊の方が上手だとか。あと、100mを7秒で走りよるとか。すげー。

必要以上に恐がってちゃいけないですね。熊なんかにバッタリ出会ったら、ギャッと叫んで慌てふためいてスタコラサッサッサーノサーと一目散に逃げ出してしまいそうですが、いちばんよくないのでしょう。冷静な対処を…でもそういう意識を、一緒に行動する人全員で共有していないと、単独行動以上にパニックになってしまいそうな気がします。

まあ、落ち着けと言われてもそう簡単にできるわけがないと思いますが…。
ちょっと語弊があるかもしれませんが、野良猫に会ったときみたいにとりあえずはピタッと立ち止まって、話しかけてみるくらいの冷静さでいられるといいのかも、とか思います。「やあ、熊さん…」。いや、どうなのかな…。

もし万が一襲われてしまってもうどうにもならなくなったら、とにかく反撃するという対処はちょっと驚きましたが、そうするしかないのでしょうね。次からは鉈をちゃんと持っていこう。

そういえば「釣りキチ三平」のある話では、熊に遭った時にその場に居た二人でじっと正面から睨み合っていたら熊の方で引き返していったというような描写がありましたが、あれはどうなのかな。とりあえず、慌てず怯えず、正面から向き直り、最後の最後(あくまでも最後)は闘うしかないんだ、くらいの気構えや勇猛心は持っていた方がいいのかな。

あまりこういう機会は多くないけれど、今後も十分に気をつけていこうと思います。まずは熊に出遭わないようにすることが大事ですね。



昔、きのこさんに紹介された動画。

http://w11.mocovideo.jp/movie_detail.php?KEY=91670&K=AV


まったくさっぱり参考になりませんが、いくらか気が楽になった気がします( ・ω・)


−−


参考サイト


北海道野生動物研究所
 さん

札幌市みどりのページヒグマ出没情報

石川県環境部自然保護課ツキノワグマによる人身被害防止のために

山坊主とゆかいな山オヤジ
 さん

 ヒグマ・エキノコックスの話

ほか


|ω・)ノシではまたー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道、十勝あたりの峠道。真夜中。車で越えてる道中、冷たい空気を吸いたくて路肩に停車して背伸びしてました。
30分に一台すれ違ったかどうか…自分の車以外動いているモノがない隔絶感の中、周りは全て真っ暗の藪。近くに沢があるようでサラサラと水の音がしています。

と、いきなり目の前の藪がガサガサ言いまして。

背筋が凍りました。転がるように車の中に飛び込みましたよ。襲われるかと思いました。
小さなガサガサ音だったので、今思えばキツネだったかなあ。残念。


こんな私ですので、クマなんぞが出てきたら腰がぬけて死んだふりさえできないなあと思いました、まる
クレシェンド
2010/06/02 23:45
なんとまあそんな体験を…|д・)
車から降りてすぐに熊に襲われた、という話もあるそうなので、くれぐれもお気をつけ下さい。それっぽい山道で下車するときはクラクションを鳴らしてから一呼吸置いてドアを開けること…!
学生時代、行き帰りにそんな感じの峠道を通ってましたが、独りっきりの山道って怖いですよねえ。誰とも行き違わない道…トンネルが二つあったんですけど、焼身自殺した人の幽霊が出るとかバラバラ死体があったとかいろいろな噂がある峠道を真夜中に…。怖くて夏に窓も開けられませんでした。誰も来ないトンネル前の信号待ちが特に怖かった…よくあんなとこ毎週通ったなあ…。
地元近くでは狐と狸と猿は見たことがあります|ω・)
Flerov
2010/06/03 00:49
熊対策で以外だったのは、ピクニックシート?っていうか
ブルーシートのようなシートを大きな音をだして
ガバッとひろげると熊は逃げていきました
前に、テレビでやってるのみて、驚いたです
熊を目の前にして、とっさにできるかわからないですけど
それより、行方不明の人を発見できない話は
ちょっと切ないですね・・・どこにいっちゃったんだろう
残された家族がかわいそう
失踪したふりだったら...腹立つなぁ
erie
2010/06/03 20:20
なるほど、そういう大胆な方法もあるのですね。ペットボトルをぺこぺこ鳴らすのも効果があるとかどっかで読みました。先日、猿を見かけましたが、カメラを向けると身構えました。子猿を抱えてたからかなり警戒してたのかなあ。
行方知れずになった人は生きてるんだか死んでるんだかわからないのがもどかしいです。こんなとこ探すの無駄なんじゃないかな…と思ってしまうと余計しんどくなってしまうし…家族の方は大変な心労がかかる日々が続いてると思うと気の毒でしょうがないです。
Flerov
2010/06/05 00:21
なんという りある だいぼうけん・・・

いや、 ふきんしん ふきんしん・・・
かえるところ を なくした ぽむ
2010/06/06 12:47
もしかして かいぞく・ぽむ さん かしら|д・)

ねっと という おおうなばら では かえるところ も しばしば うみ の そこ に しずんで きえて しまう もの…

しかし われら は ねおすち が おわっても ぽむ で ありつづける…
Flerov
2010/06/06 18:25
がんばれ4番員、チームの連携は君の手に懸かっているっ!
っと、自分でやってみてそう思ったです。

クマは地元にはいないですねぇ。
100メートルを7秒未満で走れるようになれば問題なしっ!
もしくはクマを倒せるくらい強くなれば良いのです。|ω・)b
三浦じゃないよ
2010/06/18 17:58
圧力オーバーで10点減点は痛いですよね…。以前よりタイム重視ではなく、一つ一つの動作を大切にとのことで、今年は指導する側でしたが規律でも減点くらってしまったぽくて、しまったなぁと思いました。こんなもんだろうと甘く見てたので反省。

く…熊と対決するくらいなら全身に爆竹くくりつけて自爆するぜ!
Flerov
2010/06/18 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
初夏の山で ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる