ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 八月が夢花火

<<   作成日時 : 2010/08/15 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

アブラゼミが鳴き始めました。

今年アブラゼミの鳴き声初めて聞いた気がする。あれ、今頃出てきてたっけ。他のセミは7月ごろ聞いた気がするけれど。夜はもう秋の虫っぽいのが鳴いてます。というより夜に鳴く虫はみんな秋の虫だと思ってしまってるけど、夜に夏の虫というのもいるんでしょうか。

夏ももう後半ですね。暑い暑いと思ってるうちに、秋の空気が漂ってきていることに気付く…あっちいな、くそっ。


−−−


イライラするのは被害者意識があるからだそうですね。なるほどそう言われれば思い当たる節ばかりもありますが、その言い方だとなんだかまるでイライラする方に全部原因があるとかまた自己責任だとかいう話になりそうなので少し納得いかない。

じゃあイライラの解消はどうすればいいのか。人に当たらず物に当たらず、といって運動やら芸術やらに昇華させるなどといった大そう手間やら別の意識やらがかかりそうなことは避けつつ、できるだけ穏便に済ませるにはどうしたら…

人や物に当たるとスカッとする、すなわち被害者から加害者になればすっきり万事自分の中で解決。ストレス解消は加害者意識を得ること。と言っていいのか。言ってしまえ。でも加害者になるって穏やかじゃない。うーん、被害者がイライラするなら加害者は…

そういえば、イラついて相手にひどい口をきいて、それで泣かれたりすると急に申し訳ない気持ちになる時があったりしますね。そうか、罪悪感か。被害者から加害者になる、つまり苛立ちが罪悪感に変わったとき、イライラが解消される。

穏やかに罪悪感を得られればいいのだ。それも、あとあと悩み過ぎない程度の罪悪感を。

どうやって。どうしよう。教えてエロい人。エロ…そうだ、二次元があったじゃあないか。生身の人や現実の物に危害を加えることなく、文字通り次元の違う場所に向かって暴力を解放すればいいのだ。なるほど、そう考えれば僕がロ●とか凌●とか触●とか緊●とかについつい関心を寄せてしまう(ただし二次元に限る)のも無理はなかったのだ。

なんでこうなってしまったんだろうとつい悩みがちな特殊性癖(ただし二次元に限る)は、日頃の、あるいは年々積もり積もったストレスを、ちょっとした罪悪感へと転化させて解消するための、きっと、ごくごく自然な、そう、人間に備えられた自己防衛の機能だったのだ…

よし、ここまで言い訳すれば…
画像

−−−


思えば10代中・後半の頃、怒りの矛先は「物語の中の悪」でした。たとえば漫画に登場する敵キャラクターや組織、あるいはニュースで流れる、自分とはほとんど関係ない、遠いところの犯罪や戦争。世間知らずの坊っちゃんにはそういうものが憎むべき敵でした。親譲りの無節操で子供の頃から妄想ばかりしている。いや、別にこれは親譲りではないけれど…。

その前は友達に対してでした。同級生と時々ケンカなどして(殴り合いではなく)、隣のお稲荷さんに手を合わせては、憎いあの子に不運が訪れますようにと願掛けというか呪いをかけていた暗い小学生。正直に言うと「死にますように」とか祈ってた。幸いにもその子が死ぬようなことはなく、今もたぶん元気です。

そして20代にもなると、さすがに「打ち倒すべきこの世の悪」なんてものはどこにも無いのだということがわかり、敵がいなけりゃ始まらない、自分は正義の味方側なのだという妄想も消え失せ、ひたすらに自分が嫌になり憎くなり、そもそも10代後半からは友達づきあいすらめっきりと減り、延々と一人の世界、やがてトチ狂ってひきこも…あ"あ"あ"、だめだ、この話はだめだ。やめた。

さてでは今はどうかというと、生まれついての悪などいない、何事にも必ず慮るべき背景のあるものなのだ、罪を憎んで人を憎まず、とりあえずはそういうことにしておこう、ははは、僕は敵じゃありませんよ、全ての人は愛されるべき存在ナノデスヨ、という似非博愛主義者。日和るよ。八方に美人だよ。美人でもねえや。せいぜい八方つくり笑い。

そうしてネットゲームで敵国のプレイヤーに殺されては「くそがあああ」と半笑いで復讐を誓う今日この頃。家の客間の座敷で、ノートPCのディスプレイの明かりを受けて暗闇に浮かぶにやけた顔、隣の部屋には御盆棚。ご先祖様、見てますか、これがあなた方の末裔です。何、大丈夫、まだ妹が二人います。期待はどうかそちらの方に…


−−−


新盆はおおぜい人が来ますねえ。先祖的な意味ではなく。

近所の人、特に地区の行事で一緒になるおじさんたちは大体顔がわかるのだけど、ちょっと離れた親戚の方がわからない。今年初めて会う人も何人かいて、顔やら自分との関係やらが覚えきれない。次会うのはいったい何年後になるのか。あるいは、僕が小さい頃には会ったことがあるらしいけれどこっちは全然覚えていない。大きくなったなあ、そろそろ結婚しなきゃな、ははは、ええ、そうですね、ははは。はは。

やっぱり遠くの親戚より近くの他人…いや、近くの他人もなんだか最近人の顔見れば、そろそろ結婚しなきゃn(略)とうるさ…やめろ、やめてくれ、いや、やめてくださ…

まぁ、ほかに話題もね、無いですしね。会話が途切れた時なんかはその辺に話を振るしか…しかし、話には聞いていたけれど実際自分がそういう年になるとこんなに言われるようになるとは。30過ぎたらどうなっちゃうの。毎日言われるの?なぁに、きっと40過ぎればさすがにみんな諦め…


|ω・)ノシでは…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
アブラゼミってそんなに遅くない筈…別の蝉に声かき消されてたとかそんなのではないでしょうか?
こちらでは毎日けたたましくクマゼミが鳴いてます。
他の蝉の声というか音を全てかき消す程の大合唱。騒音。
芭蕉もこれ聴いてたら、あんな句絶対詠めなかったと思う。
さぶりな
2010/08/16 00:05
結婚しちゃいなYO!
団長だぁあ
2010/08/16 19:04
>さぶりなさん
ですよね。でもなんだか今年は蝉の声があまり聞こえなかったような気がしました。気にしてなかっただけなのかもしれないけれど。
クマゼミはうちの近くでは滅多に見かけません。そんなにうるさいのか…。子供の頃は、たまに死骸が転がってるのを見つけたりするとちょっと嬉しかったものです。いや、今でも結構…。ミヤマクワガタなんかも久しく見てないな。

>団長d
相手がいねーYO! (こっちの世界に。)
Flerov
2010/08/16 23:55
ちなみに今年が新盆なら、
今度いつ皆さんに会うかというと3回忌。
はい、それは来年ですね(ボソ ^^;

なお、ヒグラシがないていると夏が過ぎていく気がするのは
私だけでしょうか。んー、なぜか物悲しくもすがすがしい夕暮れって
感じです。
kenken39
2010/08/17 12:27
あああ、そうでした。やっと終わった…と解放感を感じてましたが、また来年もあるのですよね…。食事の時にお酌して回るのがいちばんつらいところでした。

ヒグラシの鳴き声は情緒があって良いですよね。蝉の鳴き声出せる擬音楽器がちょっと欲しい( ・ω・)

今は庭でスイーッチョ、スイーッチョとウマオイが鳴いてたり、コオロギぽいのも聞こえます。秋になりますなあ…。…暑いけど(;´д`)
Flerov
2010/08/17 20:19
えぇわかります!とてもわかります!
ストレス解消というか何かこうカッとなってイカガワシイ絵を生産してしまうこと、そして投げやりにうp後周りの反応は実に冷やかであること。
この行き場の無い後悔と自分に対する羞恥心に打ちひしがれるんですよね
そして、こうしてあえてコメ救済することで更に追い討ちを、うふふ。
数年後に今の自分を指差して笑えるように前向きになれると良いですね

帰省してきたんですが、実家が日本の西側なのでクマゼミだらけでした
あんな小さい体で凄い声量…摩擦音らしいけどどれほど磨ってるのやら
ちなみに最近までヒグラシは鳥だと思ってました…だって声がセミらしくないものorz
ぶつだん
2010/08/20 13:48
わかりますよね!
…おぉ、そんなとこまで…(´・д・)
まったくもってその通りで、なんとも、いや、なんだこれ。なにこれ。しにt…
誰も気づかないんじゃないかと思ってたのですけど。既に昨日の自分を見つめて笑う日々です。苦笑。失笑。嘲笑。冷笑。こりゃ笑いがとまらんわいのぉ!ふぉっふぉっ ふぉっ、

……。

ヒグラシの声とともに消え入りたい。
そういえばセミって美味しいらしいですね。
Flerov
2010/08/20 14:09
イライラするのは被害者意識から〜の話、すごくシンクロしました。
なるほど!

フレさんの話もなるほどなっとくしました!

イラストもなっとくしました!!

人間やるときはやらないとねっ!
変に照れるといけません。
幼いころの盆踊りと文化祭の劇で学びました。
やるならおもいきって!!

だから、もっと極めるとよいと思うのです。
人間なんだかんだいって、自分の好きなものじゃないとはじけられないし。
はじけないといいものできない気がする。
カラオケもそう。

えちぃ絵、いいんじゃないですか?
でもどうせなら、どんどん極めたほうがよいと思うのです。
かっこいい絵をかくなら、ひたすらみんなが感激するくらいかっこいい絵を。
かわいい絵をかくなら、ひたすらみんながふにゃぁとするようなかわいい絵を。
えちぃ絵をかくなら、ひらすらみんながえちぃ!!!!と喜ぶような絵を。

いや、わたし、本気です。念のためw
それがエンターテイメントと思うのです。
クレシェンド
2010/08/29 20:14
納得していただけましたか!絵はあまり気づかれないんじゃないかと思ったのだけどそんなこと無かったようでなんか今恥ずかしいです。ぐああ。

照れちゃいかんですよね!後のことなど知るかというくらいの勢いでやらねば。確実に後悔するとしても!弾け飛ぶほどに!ぐはっ…
そうして好きなものを極める…いや、別にこういったものがそう極めたいほど好きというわけじゃ、ええ、無いと、思いたい。いや、やはり自分に正直になった方がいいのか

えちぃ絵を上げられてるブログさんはよく見るのですけど、自分でやるとなるとなんか抵抗ありますね。急に規約とかモラルとか気になってしまったり。まぁ無視しちゃいかんとも思いますが。
よぅし、もっとえろいのを…( ・ω・)q…いいのかな。
Flerov
2010/08/29 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
八月が夢花火 ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる