ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫喰い (食う方の)

<<   作成日時 : 2010/09/03 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

イナゴがぴょんぴょん跳ねる季節になりました。

田んぼの畦を散策していたら、丸々としたナガコガネグモを見つけたので、思わず何か虫を与えてみたくなりました。子供の頃はよくトンボとかイナゴとかを蜘蛛の巣に引っ掛けて、蜘蛛がそれらを捕食する様子を見てたものです。

大きな虫だったらどうなるのか実験。まずはイナゴに比べて動きが鈍く捕まえやすいアブライナゴを与えてみました。ごめんよ。でも見てみたい…。

画像


これは体も蜘蛛より大きく、顎の力が強いので苦戦するかと思ったのですが、イナゴよりは抵抗したものの、わりと難なく糸で巻かれてしまいました。獲物の周りを蜘蛛がぐるぐる回りながら巻く形。後ろ足に糸を引っ掛けながら巻いたりもしてました。

続いて、逆に小さいものはどうするんだろうと思い、アリを捕まえて巣へ。こちらは速かったです。糸にくっついたアリのところにクモが来たなと思ったら、まばたきする間にアリがもう真っ白。こんなちっちゃいものもちゃんと食べるのか、と思ってたら、ダニなんかも食べるようですね。


茶色く大きめのバッタがいたのですが、素早くてなかなか捕まえられない…。諦めて、近くを歩いてたゴミムシを捕獲。こういう硬い虫はどうだろう。

画像


あの体型が良かったのか、見事な巻き方でした。ゴミムシの頭と尻側の二本の糸を残して、それを軸に足で器用に獲物を回転させながらあっという間にぐるぐる巻き。

軸の糸に足を二〜四本載せて体を固定し、残りの足と口の近くにある蝕肢を巧みに動かして回転させる様子にちょっと感心しました。職人芸だった。あれだけひねってもちぎれない蜘蛛の糸って丈夫だなぁ。

こんなことしてると罰が当たって来世で蜘蛛のエサになりそうな気もしますが。


生殖行動も独特ですね。蜘蛛おもしろい。

クモ合戦」…ちょっと見てみたい。試しに他の蜘蛛の巣に引っ掛けてみたところ、双方とも微動だにしませんでした。警戒してたのかな。


昆虫エクスプローラー さん

 ナガコガネグモ
 http://www.insects.jp/kon-kumonagakogane.htm

 セアカヒラタゴミムシ
 http://www.insects.jp/kon-gomiseakahirata.htm

画像


糸を出す「糸いぼ」は前・中・後の三対あるそうで、それぞれ用途に合わせて性質の異なる糸を出すのだとか。


SPIDER DATA さん

 クモQ&A
 http://homepage3.nifty.com/~hispider/qanda.htm


驚きと感動!博物館ガイド&レヴュー(企画展と特別展篇)
 さん

 千葉県立中央博物館  「クモ・蜘蛛・くも」
 http://blog.goo.ne.jp/392214k/e/1ee7acbc280bc66b0ace26dfa7138f84


クモ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A2


機会があったら今度はカマキリを与えてどうなるか見てみたい…。アマガエルは食べるかな…いや、あんまり見たくないな…

小さなネコジャラシ(キンエノコログサ)などを蜘蛛の巣につけて細かく揺らすと、獲物と間違えて蜘蛛が一生懸命糸を巻いたりした記憶があるのですが、今回やってみたらうまくいきませんでした。揺らし方が下手だったのか、クモが賢かったのか…。

エノコログサは狗尾草と書くんですね。ねこじゃらしを単漢字で変換したら莠って出てきたけどどうなんだろう…。読みは「はぐさ」でエノコログサなどのことを指す、ってことなのかな。


−−


その後ようやく捕まえたバッタは多分クルマバッタモドキの褐色型。アブライナゴより動きが達者だったので期待したけれど、案外あっさりと巻かれてしまいました。


虫ナビ さん

 クルマバッタモドキ
 http://mushinavi.com/navi-insect/data-batta_kuruma_modoki.htm


最初ヒナバッタと区別つきませんでした。


福光村昆虫記 さん

 ヒナバッタ
 http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/Hinabatta_.html


ヒメヒゲナガヒナバッタというバッタもいるらしいけど、なんか早口言葉みたい( ・ω・)


−−


「アブライナゴ」は検索したら結果が少なく、図鑑にも載ってない様子でちょっと困惑したのですが、正式名は「クビキリギス」というのだそうで…。


虫の音WORLD さん

 クビキリギス
 http://mushinone.cool.ne.jp/kubikirigisu.htm


うーん、やっぱり何度見ても顔が気持ち悪いなあ。顎が赤いから血吸いバッタとも言われるそうな。というかそっちが主流か。「アブライナゴ」は長野の方言名なのかな。あれはキリギリスだったのか…。

顎の力が強いけど首の関節が細いので、噛みついたところを無理に引っ張ると首がもげるらしい…自分の首取れる前に口を離せよ、と思いますがきっと虫には虫の事情とか意地とかがあるのでせう。

そういえば子供の頃は意味もなくイナゴの首と胴をそれぞれ左右の手でつかんで引っ張って、首をもいでました。「首ちょんぱ」と言って、友達もよくやってた気がする。何考えてたのかわからない。今じゃ絶対できない。

アブライナゴ(クビキリギス)はイナゴと一緒に佃煮にしてましたが、揚げてもよさそう。


昆虫料理を楽しむ さん

 クビキリギスの素揚げ
 http://musikui.exblog.jp/5708553/ 



セミも美味しいらしいですね( ・ω・)
ちょっと食べてみたいかも。でもうちの近くあんまりいないから数集めるの大変だな…。


デイリーポータルZ

 セミを捕って食べる
 http://portal.nifty.com/2009/08/12/c/




やや悪趣味ですが…。



夏休みの自由研究「クモの観察」、おわり。


−−−


ミク

画像


セイバーマリオネットっぽい服にしてみたかったところ。


もう3周年だそうで。はやいなぁ…。…同じことを書いたことがある気がしたら、やっぱり去年も同じ時期に同じこと書いてました。たぶん今後も繰り返す気がします。風物詩…


|ω・)ノシであ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
なんかまた絵うまくなったな!
俺は2枚目が好きだ!
団長だぁあ
2010/09/03 10:30
わぁい、ありがたう…
二枚目って虫じゃないか!超適当に描いたのに!(´・皿・`)
よく回りそうな形の虫をあげてみてください。くるっくるだよ!
Flerov
2010/09/03 11:32
趣味の悪さがにじみ出てる記事ですね・・・・ 
蜘蛛はいかんと言ったのに・・・絵なんて書いちゃって。
その上動画まで・・・・ひどいもんです。
きっと、くるくると蜘蛛の糸に巻かれる夢でも見てうなされるんだ。コワイコワイ

キモチワルーイので動画とリンク先は全部パスしました 次は4コマ漫画にしろ!!
かみーゆ
2010/09/03 13:00
懐かしい!コガネグモの巣にバッタ投げつけるのは誰しも子供の頃やったのではないでしょうか
自分もショウリョウバッタ投げつけたことあるんですが、やっぱりデカすぎたのかクモのほうが一目散に逃げてしまいました(そして巣は千切れた)
あぁいうコガネグモとかは観察したくなるものですが、どうも家蜘蛛だけは見ただけで悲鳴をあげてしまいます
受験勉強中、手のひら大の大きい家蜘蛛が自分の足によじ登ってきたのを思い出すと鳥肌があぁぁああぁあ
しかしゴキや害虫を食ってくれたりするので本当は素敵な存在。でも嫌い、怖い。
そう考えるとちょっと肩身の狭い生き物なんだなーと思ったり
せめて足が6本なら…いやそれもどうだろう…
ぶつだん
2010/09/03 17:36
>かみーゆさん
にじみ出てしまいました。かみーゆさんがあんなこと書くから目一杯虫リンクを張ってやった…というわけではないですけども。クモ面白いデスヨ。
幸い今のところ蜘蛛にあれこれされる夢は見ておりませぬ。でももう記憶も朧な子供の頃、なんかのドラマで蜘蛛が出てきて死体を探すみたいなのを見たときはすごく気持ち悪かったです。なんだったのかなあれ。
クモも擬人化すればきっと気に入られるにちがいない( ・ω・)

>ぶつだんさん
ですよね。生贄を捧げますよね。ショウリョウバッタはちょっと大きいかもですね。でも蜘蛛も相当に大きければ面白いかもしれません。面白がるもんじゃないかもしれませんが…。やりたくなっちゃうよね!
家蜘蛛というと巣を作らずにその辺這い回ってるやつですね。わりと虫耐性は高い方だと思いますが、体を登ってこられるのはアレですなぁ…。芋虫系が苦手です。気色悪い柄だしつぶれやすいし…。手でつかむようなモノのところにいるなよ!この前思い切り握っちゃうところだったよ!
せめて手足は四本で…それならばなんとかかわいらしい擬人化で…
でもあの八本の安定感はなかなかよいですよね( ・ω・)

ちょうど人の顔につく感じに糸張るのさえやめてもらえたらなぁ…。
Flerov
2010/09/03 20:07
蜘蛛に蜘蛛与えたことはあるよ。
もんのすごく戦ってたよ。
面白かったから5匹くらい捕まえて乱戦。
途中で飽きちゃったのはお約束。。
さぶりーな
2010/09/03 21:24
おお…いや、5匹って…やりすぎでせう…|д・)!
でもちょっと何匹か十分に餌を与えて大きくしてから戦わせてみようかな…。糸という武器を使うってのがなんかよいですよね。飽きたということは勝負がつかなかったのかな…?

そういえばクモ合戦ではある程度空腹にさせてから戦わせるそうな。Wikipediaによるとまず一人当たり100匹くらいの蜘蛛を集めるのだとか…そこまでいくとなんか凄まじいものがありますね…。
Flerov
2010/09/03 21:55
子供の頃にやったのですよ。
あまりにも同じ種類の蜘蛛がいっぱい巣を作ってたもんで
こんなに居たら取り分減るだろうから
強い奴だけそこに居ればいいんじゃないかと思って
従兄弟達と一緒に木の枝使って数匹集めてその場で戦わせました。
威嚇合戦だったよ〜やっぱ小さめのは負けてた。

でも途中で飽きるのは、子供のお約束でしょ?
さぶりーな
2010/09/04 21:45
わかります( ・ω・)
僕も大人になってからもよく途中で飽き…いや…これはあまり…よくないけど…

小さいのには雄もいたでしょうか。うちの裏手にも三匹ほど同じ種類の蜘蛛が同じ場所に巣を張ってますが、うち小さい二匹は雄の様子…なんだか雌に食われてしまう雄たちがちょっと気の毒だったりします。しかし蜘蛛合戦面白そう…やってみるか…

子供の頃飽きたといえば適当に捕ってきた虫の飼育……ごめんよ…
Flerov
2010/09/04 22:37
精神破壊記事ですorz


そうか、School Daysの最終回にヘラヘラしていた私はこういうのがダメだったのか…クモ合戦?百匹?それなんて蠱毒?orz
ミク姫様だけがオアシスでした。
ちなみにミク姫様は私の歌姫様にはならずにあそばされました。まこと残念でおじゃる。
クレシェンド
2010/09/06 23:38
なんだと…写真じゃなくソフトにらくがきで済ませたというのに…!
クモとか写真で見てると気持ち悪いけど、実物を見てみるとわりとそんなでもないんじゃない…かな…でもないか…
ガラスケース越しだと苦手なヘビとかでもかなり余裕で見れたりします。

はんちょのとこのミクは、やはりそのような境遇に…|д・)
ふふ、買わなくてよかったぜ…!いや…でもフィギュアを一体くらいは欲しいな…
Flerov
2010/09/07 23:36
フレさんにぜひ頼んでみたいことが!
http://ta-online.jp/news/2010/09/4-3.php
ここの4コマやってみませんか?
フレさんならすごくいいものができそうです。
八雲 橙
2010/09/09 00:27
タ…タルタロス遊んだことないです(;´・д・`)
Flerov
2010/09/09 01:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
虫喰い (食う方の) ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる