ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 静かな夜のゲームサントラ

<<   作成日時 : 2010/12/03 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最後の空想はいつかしら遠い記憶の中に。

2010年もとうとう最後の月ですね。北からの脅威は雪だけで十分です。とか言ってみる。

−−

らくがき

画像


エルフのサンタ服考え中。

−−

音楽

冬の夜長に…。







これいいなあ。リコーダー版、本家でも作ってCD出してほしいくらい。








演奏者さんのブログ

 笛吹きrexageのブログ さん
 http://rexage.dtiblog.com/



Amazonの商品ページにとぶよ。

画像


画像


−−−


最近買った漫画

男爵校長 OYSTER 2巻

大東京トイボックス うめ 1・2巻

ゴルフ13 赤井丸歩郎 1・2巻

仮面のメイドガイ 赤井丸歩郎 12巻

獣臣蔵 倉田 英之、館尾 冽 1巻

大阪ハムレット 森下裕美 1巻

編集王 土田世紀 1巻(文庫版)

正義警官モンジュ 宮下裕樹 1巻

○○デレ 井上よしひさ 1巻

眠れる惑星 陽気婢 3・4巻

異国迷宮のクロワーゼ 1巻 武田日向


CD

ロマンシング サ・ガ2 オリジナル・サウンド・ヴァージョン 伊藤賢治

その他本

キャラクターメーカー 大塚英志

SCHOOLGIRL COMPLEX 青山 裕企


ロマサガ2のサントラは、聴きたかった戦闘シーンの曲が最初のデモ曲に組み込まれててトラック選択できないのがちょっと残念でした。


『ブラウスの下にはシャツを。ただし体操着の場合はこの限りではない。』

『ふとももとふくらはぎがあるからこそ、ひざ裏があるのだ』

『パンツに興味はない。制服さえあればいい』

『浴衣はいいものだ』

『出し惜しめ』

−−F.L.エロフ(土星・変態)


−−−


前回の記事で紹介したブログパーツのBlogToyで、早速変態パンダさんから頭のICチップが不具合起こしたようなメールを一通いただきました。それとは決して、決して関係ないのですが、偽のメールアドレスで容易にいたずらメールを大量に送りつけることも可能な危険性もありますね。それはそれとして、何かご連絡ありましたら使ってください。早くへんTさんも導入しないかな。いや、仕返ししてやろうとかそういう…


−−−


少し前、小学生が自殺してしまう事件がありましたが、ドラマ「TEAM」の話をふと思い出しました。
TEAM第八話「町が荒れている」。

あらすじは、
同一地域で小学生から高校生までの子供たちの間での集団暴行や悪質ないじめが連続して発生。調査していくと、古くからの商店街と新興住宅地の住民が対立していることがわかり、それはいじめの加害者と被害者をグループ分けしたときも同じ構図だった。

大人(親)たちが言い争ったり相手の悪口を言うのを見聞きしているうちに、子供たちは知らぬ間に影響を受けて互いの地域の子に偏見と悪意を持つようになった。大型店の建設について二つの地区の住民が暴力を含んだいさかいを起こしたのをきっかけに、子供たちの中で日々のストレスで溜まっていたフラストレーションが爆発して他者への攻撃に変わり、対立する地域の子供たちに矛先が向けられてしまった、というものでした。

つまり、大人同士の対立が、本来無関係だった子供たちの間に移行されてしまったという話でした。

僕のただの想像で恐縮なのですが、もしかしたらこの小学生の事件の背景でも大人たちが持つ偏見の影響があったのかも…と思ったのでした。親や大人たちが話す、外国人の親御さんに対する偏見や悪口などを子供たちが耳にしているうちに、その子に対しての偏見や悪意が生まれてきてしまったのじゃないかと。

−−

ドラマでは、「大人たちより先に、子供たちが悪くなる世の中はないんだ」という、主人公の台詞が印象深かったです。

もちろんドラマはフィクションだし、登場人物も性格などわかりやすくデフォルメされたキャラクターですが、妙に納得させられました。大人が与えようと意図していたものではないものを、子供たちは自然と受け取って影響を受けてしまう。本当に問題があったのは子供たちの間ではなく、大人たちの抱える問題なのではないか。このドラマの話と同じように、子供の問題は大人の問題の相似形なのじゃないか。そして、学校と言う特殊な環境下で行為はエスカレートしていく。

だとしたら、当然、学校にできることはあるだろうけれど、それ以上に親とその周辺の大人たちがするべきことがある。いじめをなくそうとしたら、まず大人が偏見や対立をなくさなければならない。子供を変化させようとするのでなく、自分たちを変化しなきゃならない。これは相当に大変ですね。誰かに任せればいい、というものじゃないから。偉そうにきれいごとを教えても子供はそんなの受け取らない。子供は親と大人の生き様を見て勝手に学んでる。

…親って大変だなあ…。いや、大人であるからには僕も他人事だと思ってられない。子供たちに見せられる生き方をしてるのか。して…ないなぁ…。聖人君子の如く生きろというわけじゃないけれど、何か伝えるべき大切なことを大人が実際の身の振り方で伝えていけるようになりたい……できるんかな…。ネット上の言動や行動にしても…。

行き過ぎた行動を取った子供を叱るのは当然だけれど、同時に大人の問題も考えなければ子供の問題は改善されないこともあるんじゃないかと思いました。というのは別に新しい考え方でもないけれど、実際大人の問題にまで踏み込もうとする姿勢になるのってかなり精神力がいることだろうなと思います。

−−

ちなみに、ドラマで取り上げられた問題は、各話ごとに解決されていたわけではなく、多くは投げかけられたままでした。こうすれば片付く、というものではなく、それぞれに考えることを求められる、たぶん現在も継続中の問題。

子供に罪はない、大人にすべての非がある、という話ではないです。でも少なくとも、子供たちの問題だけでは決してない、と思わされます。子供を一方的に躾けるだけでは片付かない。大人も苦しいところです。

事件に直接関係のあるわけでもない人間があれこれ詮索したり想像したり、いろんな感情や感想を表に出したりするのはなんだか気持ち悪いところもありますね。事件に触れた人がなにかできることがあるとしたなら、時には自分の身を振り返ってみることくらいなのでしょう。


TEAMがDVDで再版されるのを希望しています。これもなんか難しいのかな…。スペシャル版のエピソードも興味深いのでそちらもできれば…。


あとサウンドトラックが良いのですよ( ・ω・)
でももう在庫どこにもなさそうですね。持ってるからいいのだけど。


−−−


【ブログ妖精】は、いるんだよ…。最近あった良いこと【デレ】

画像


瞬間的にハーレム状態。

何?空しい?ははは、何を言ってるのかわからないな。


|ω・)ノシあでゅ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
色付き! 早く!
団長だぁあ
2010/12/09 22:07
なんかむずいです。(ノ゚д。)
Flerov
2010/12/10 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
静かな夜のゲームサントラ ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる