ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたまるひとひと

<<   作成日時 : 2011/01/05 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

ブラック・ジャックOVA DVD−BOXを観ました。

4枚組で、93年から00年までの作品が一話約50分で10話収録されています。見応えがありました。内容的にも、時間的にも…。二日には夜通し7話連続で見て8話目で限界。別に無理したわけじゃなくて、つい見てしまったのですけれど。

画像

うー…迫力出ないなあ…

少年時代にテレビで放映されてるのを見たときには、劇画調な止め絵やリアルで特徴的な絵柄がちょっと怖かったです。その時からずっと覚えてる、というかたびたび頭の中でふっと再生されるのが、サンメリーダの歌。


赤い実が三つ、青い実が二つ、白い実はいくつ…?
白い実が六つ、赤い実が五つ、青い実はいくつ…?
さあ おやすみ、愛しい子よ
サンメリーダ… サンメリーダ…
お前の好きなサンメリーダの森で、梟が鳴いた…



歌詞中のそれぞれの実がいくつだったかうろ覚えだったのですけども、やっと分かってすっきりしました。まあ、ネットで調べればすぐにわかるし本編だって動画サイトで見れてしまいますが…。

ブラックジャックがかっこいいです。大塚明夫さんの渋い声も。声といえば林原めぐみさんが二度出演されてたのですけど、第八話「緑の想い」の少年(アンドリュー)役のとき全然気づかなかった…。

林原さんといえばさくらさんが記事に書かれてたけど劇場版の灰原がかわいいのだとか。



うわぁぁあかわえぇえええ。6分37秒あたりから。
思わずにやける。ふへへ。隣に誰もいないけれど「変態…」と引かれてる気がする。自分でもそう思う。なぜ、なぜ僕がにやけると本当に不審者っぽくなってしまうのだろう。「かわいいー」とか言っていいのは女子だけなのか。男女平等はどこへ行った。


BJOVA第8話の、体から植物が生えてきてしまった少年(ロレンス)、全身に木の芽がびっしりと生えてたのですが、細かいものが密集してる気持ち悪さが人によっては耐えがたい画かもしれません。

−−

何度か紹介してますが、OP曲の「記憶の君へ」。



この歌が使用されているのは、DISC2収録の第4・5話でした。「拒食、ふたりの黒い医者」と「サンメリーダの鴞(フクロウ、号に鳥)」。






ブラック・ジャック OVA DVD-BOX 出崎統 杉野昭夫

まだ21%OFF中( ・ω・)


−−−


なんだっけ、へんTさんがなんか言ってたっけ。上目づかいで恥ずかしそうにフィリピン語で「パーティ入れて」とささやく神秘ポムに萌えるから描けだったかな。

画像



ふーむ、これの何がいいのかさっぱりわからないな。どういう趣味だ。正気か。


いや、これはなんか予想されてそうだな。じゃタルンで。

画像


やっぱりうまく描けないな。そうだ、バニーガールを。

画像


なんだっけな、こういうネタの漫画があった気がするな。兎が目つぶしをなんとか。なかったっけな。無差別に人々を襲い、次々と目つぶしをかます兎たち。ドレーズテストの復讐。やってくれた口南。のう。わしの目を節穴と申すか。おめめが真っ赤と申すか。ロー○こどもソフト。むぅざんむぅざん。


「sali」が参加するで「po」が丁寧な意味をあらわす単語でしたっけ。


−−−


そろそろバカをやっていていいものではない気がしてくる。かっこよく渋く生きるのを目指した方がいいのじゃないかしら。若いって言えるのは20代前半までだよね。匿名性の高いネット上とはいえ、心に区切りをつけて発言していかないと。自分にとって自分は匿名ではいられない。いくら仮想人格を作ろうとも、作ってる自分が視界に入ってしまふ。ならばよく自分を見つめ直して…

いやぁ、無理ですわ。よく自分を見つめ直してみたところ、精神年齢がまだ20代前半だったのに気付く。なるほどそれなら若い若い。あるいはそれより前なのじゃないかと疑えるほどに。むしろ幼い?なればこれはバカやってもしょうがない。

そうだ、DVDで麻薬の話のとき、ブラックジャック先生も迫力のある顔で言ってたじゃないか。

『ときどきバカをやりたくなるんだ!』

時々…か。ですよね。いつもバカやってちゃいかんですよね。でも週一のブログでなら…いや、それじゃ日常生活ではバカじゃないかというと、日々とても他人様に見せられるような真っ当な生活は…

待て待て。発想の転換。常にバカであるならば?バカが時々バカをやるということは、すなわち真面目になるということでは。

『ときどき真面目なことをやりたくなるんだ!』

む?どこかで見たことのあるような台詞。なんだったっけな。思い出せない。ともあれ、ときどき真面目くらいでちょうどいいんじゃないかとも思ったり。思わなかったり。迫りくる不可視の期限。心の中の時限爆弾。あと5秒で「ちゃんとした大人」になります。ピッ、ピッ、ピッ、ピーッ。

ゆく年くる年。時計の針が3本揃い踏みで12の線を越す。でもそれだけ。特に世界も心もガラリと一変するなどということもなく。昨日も今日も変わらない。そして時は動きっぱなし。止められなかった。もうパワーを感じないぞ…このDI○は…スタンドパワーも底をついてしまいそうだ…

年々感受性とやらが貧しくなってる気がする。あるいは想像力が。胸の奥で昔は情熱をもって盛んにうごめいていた希望と言う名の虫が、絶賛冬眠中。なんか死んだ目してる。全体的にこう、灰色っぽくなってる。もしくは栄養失調で寝たきり状態。わしは…もうだめじゃ…おおっ、これは…なんというか…そう、老衰!?

…じゃ、とりあえず今年の抱負は、去年より生活をマシにしようということで。前向きなはずなのにダメな感じがするのは何故かしら。比較対象がダメすぎて、それより多少改まったからといって決して大したものではないからかしら。というか「じゃ」とか「とりあえず」とか言っちゃうからかしら。でもまぁ、あまり意気込みすぎてるとスタートダッシュですっ転んじゃうからね。寒いしもうちょっとコタツで…よし、そろそろ行くか。むっ、なんだ、足に力が入らんっ…頭痛がする、はっ、吐き気もだ。気分が悪いだと…?このDI○が…仕方ない、もう少しコタツで…はい、すみません、起きます、行きます。あむろいっきまーす。ばよえーん。ばたんきゅー。


−−−


学校掃除って必要?

@niftyニュース

痛いニュース

いつものようにすぐに忘れられて、印象的な箇所ばかりが後に思い返される類のニュースだと思うのだけど、あまりに短絡な反論でさんざん叩かれてる中学生がなんか気の毒になりました。ちょっと大人げないんじゃないか。いや、大人が反論してるとは限らないけれど。

かなり真っ当な意見だと思うのです。「掃除をしたくない」わけじゃなくて、「キレイにならないならする意味がない」という主張。それはちゃんと元記事にも書かれているのに、それを無視した「掃除しろ!」というレスが多いのが切ない。

批判するのなら、彼じゃなくて周りの掃除をしない子および教師や親を対象とすべきなのじゃないでしょうか(この子が学校での掃除をしてるのなら)。もちろん、業者に任せるというのは経費の面で難しいというのもあるだろうからそこへの反論は当然だと思います。また精神的な面では自分たちが使う場所を自分たちで綺麗にするという意識を持つのは大切なことだとは思います。

でも実際、(発言を読む限りでは)この子の学校では掃除がきちんとなされていない。掃除をサボる子はいるし、その状況がどうやら改善されない程度には先生方や親御さんも関心を寄せていない。綺麗好きな子供だけが悩む。一人の力でどうにかなるものでもない。そうして自分の意見を発信したところへ「そんな理屈こねずにちゃんと掃除しろ!」と言うのはお門違いもいいところに見えます。なに言ってんだ。

「毎日毎日掃除すんのめんどくせーなー、業者に任せればいいじゃん」というのではなくて、「いくら学校を綺麗にしたいと思う一部の人間が手間をかけても広すぎて綺麗にはしきれない。掃除をしない子もいる。いつまでたっても綺麗にならない…こんなことならいっそ業者にやってもらった方が本当に綺麗になるのに」と思ったのじゃないか。

自分で言うのも抵抗があるけど、僕は学生時代にはちゃんと掃除する真面目な子供でした。ええ、あの頃までは…。下手すると掃除の時間終わってもまだ掃除してたくらい。清掃委員会みたいなのにも入って日々ゴミ集めてたり。だからたぶん、この子の本意が理解できるような気がします。十分な情報集めたわけじゃないから誤解かもしれないけれど。綺麗にしたいんだよね。

でも当時、業者に任せればいいのにという発想はなかったなあ。それはつまり、僕が学校の先生の言うことはきかなきゃという固定観念にとらわれていただけの子供だった、ということなのかも。やるのが当然で疑問を差し挟む余地もないと思ってた、いい子。

「真面目」ってのは、どこかの漫画の台詞にあったように、決して褒め言葉じゃないとは思いますけれど。生きにくいということでもあり。たぶん当時の反動で今の僕の惨憺たる荒れた生活が…とか言っちゃうのは過去の自分への責任転嫁みたいでちょっと嫌だけれど、そんな風にも思ったり。心が荒んでしまったから部屋が荒れたのか、部屋が荒れてるから心が荒むのか。とりあえずあれだ、うん、ちょっと掃除しよう。…年末にやっとけや…


今年もよろしくおねがいします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
良いじゃない!あとはどっかのフレ○フみたいな見た目じゃなければ尚Good。

バニーひるみは・・・う、うん。
けんT
2011/01/05 20:47
あ、良いんすか。じゃあいいや。ポムって意外とむつかしいね。
もじもじしてるポムはかわいいというのはかなり納得できますが僕には再現無理でした。いや、わかるよ!うん。
バニーはもっとこう、違うの描こうと思ったけど更新ボタン押しちゃったからあれで。それで。これで。すみません画力ないです。期待しないで!妄想は実物よりも萌なり。
Flerov
2011/01/05 23:09
バニーひる美、大切に保存させていただきます。
きさまにも眼潰ししてやんYO!
ひるみ
2011/01/06 08:19
こんなものを保存するとは奇特な。ウィ○ス入ってるかもよ。ビューワで開いたら目が腐る類の。

96剣を槍に作り替えさせていただきました。ありがとうございました。お礼はスイス銀行に振り込んどいたよ。
Flerov
2011/01/06 17:47
タルンならいくらでもPTいれちゃうよぉぉぉぉぉ!

fmfm
2011/01/11 11:07
「よし皆、PT入ったらfmfmさんの勇姿を見ながら入口で待機だ!」
∧_∧
(・ω・)旦~
Flerov
2011/01/11 23:16
ゆるやかに、かぜのように、ひかりがみちて、みちを、てらしだし。はなをつんだ、こどもたちが、いそぎあって、はねばしをわたってく。あいが、ほほえみ。あいが、うたう。ゆるやかな、かぜのように。あいがあふれてかみが、ゆるされた。
ロレンス
2012/09/25 14:21
あかいみは3つ、あおいみは2つ、しろいみはいくつ。しろいみが6つ、あかいみが5つ、あおいみはいくつ。さあ、おやすみ、いとしいこよ。サンメリーダ、サンメリーダ。おまえのすきな、サンメリーダのもりで、ふくろうがないた。
サンドラ&アニタ
2012/09/25 14:26
愛…愛ってなんだったかな…
何かの歌詞でしょうか?

思えば僕はもう子供でもなければ子供もおらず。だんだんと子供というものを忘れていく、かと思いきや、どうやら頭脳は未だ子供の様子。忘れたのは子供の目と体と、子供として扱われていた時代。道端の草やら落ちてるものやらに執着することもなく、子守唄を歌ってもらえることもなく。
歌ってあげることも…なく…(ノ゚ω。)

跳ね橋の向こうには何かあるんですかね。子供らには何か見えているのか、あったらいいなと思うのは大人だからか。子供たちにとってはただの通過点なのかしらん。そこに愛を見てるのは大人の方で、許されてきっと眠りたい。

サンメリーダの歌いいですよね。
Flerov
2012/09/26 21:41
あの日の夢の事あるんだよね、自分の子供が二人残りのメンバーを守ってくれるかもしれないからお仕置きはあの幽霊女どこまであたしたちをなめているのでしょうか。じぶんたちがははおやといっしょにいればかならずうまくできるかもしれませんどうかあたしたちをたすけてくださいますようよろしくおねがいいたします。そしたら、連絡をお願い申し上げ奉りまする。それでは、失礼いたしますね。
かりんとアニタとゆうまくん。
2013/06/07 18:32
ふたみちで母子はわかれ、ふたたび会うときは片方はのっぺらぼうです。零れ落ちるものはすくいがたく、夢に逆らえば堂々巡りの袋小路。めざめてもそこにありません。二人は一人を助けます。一人は二人を見捨てます。もうひとりはいないだれかをさがします。つながりました。もうすぐです。
Flerov
2013/06/09 15:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふたまるひとひと ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる