ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 本、ヘビ

<<   作成日時 : 2011/06/08 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近買った本

画像


エコー/ゼオン 1 六道神士

エクセル・サーガ 25 六道神士

デスレス 1、2 六道神士

エクセル・サーガ 26 六道神士

美川べるのの青春ばくはつ劇場 5 美川べるの

学園天国パラドキシア 6 美川べるの

正義警官 モンジュ 11 宮下裕樹

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 23 荒木飛呂彦

そんな未来はウソである 1 桜場コハル

絶対☆霊域 1 吉辺 あくろ

少女セクト(※成年向け) 玄鉄絢

コップクラフト 3 賀東招二

鬼平犯科帳 83 さいとうたかを

本気! 7(文庫版) 立原あゆみ

ポリ公 3 立原あゆみ

涙 星 ―アース― 1 立原あゆみ

恋愛 1 立原あゆみ

極道の食卓 13 立原あゆみ

釣りキチ三平誕生前夜 9で割れ!! 3 矢口高雄

球場ラヴァーズ 2 石田 敦子

号外!!虚構新聞 虚構新聞社

マンガで分かる心療内科 3 ゆうき ゆう 、 ソウ

ノノノノ 1 岡本倫


−−−



無駄話




 ボクも正治もいたずら盛りの山の子で、ヘビなんてたいしてこわい存在ではない。そりゃあいきなり出会ったりすると気持ち悪いし、びっくりするが。
「このヤローッ。びっくり賃をよこせー!」
 とばかりに追いかけて、尻尾をつかむや風車のように振りまわしたあげく、思いっきり地面にたたきつけるなんてことは朝メシ前のことで、ちょっと虫の居所のよくないときなんか、生きたまま皮をむき、はらわたをとって再び地面をはわせたなんてのも一度や二度ではない。



矢口高雄 「ボクの学校は山と川」 より


さすがにそれは…

でもまぁ、子供の頃には平気で残酷なことしてましたよね。意味もなくトンボの羽もいだりとかアリンコを火攻め水攻めにしたりとかイナゴの首ちょんぱしたりとか。そういえば亡き祖母が子供の頃はカエルの肛門に麦の稈をストローの如く挿し込んでぷぅ、と息を吹き込み膨らませたりしたとか聞きました。それもちょっと手を出したことはないです。

画像


N○Kの連ドラで知名度が増してる様子の我が安曇野。観光客が増えたようで何よりです。地元にいると、こんなとこ来て一体何を見るものがあるんだ、とか思ってしまいますが。

おひさまといえば、雨上がりのおひさまぽかぽか晴れた日なんかにそのへんの田圃道を散歩していると、ひなたぼっこしてると思しきヘビに出会います。田んぼの畦に長い身を横たえて、おひさまの光を一杯に浴びて…おお、きもいきもい。

幼少の頃より、こやつらに幾度心の臓を飛び跳ねさせられたことか。小学生の頃、草むしり中にヘビに似た模様の芋虫を至近距離で見つけたときには、恐怖のあまり掴んでた草を放り出し、漫画みたいに両手を上にあげて逃走したことがある。悔しいっ…でも驚いちゃう、ビクッビクッ。そんな自分が情けなく、いつかヘビを恐れぬ強靭な心を手に入れようとここ数年は決心したり挫けたり。

それではいかん。恐怖を克服して安心を手に入れるのだ。DIO様も言ってた。安心を求めることこそ人間の目的だと。もう裏庭に現れたヘビを及び腰で恐る恐る長い棒で突っついて、横に倒した段ボールの中に追い込んで閉じ込めるなんて漢らしくない無様な姿で対処することのないように。

というわけで、敢えてヘビを探す旅に出ました。自宅から半径1km以内探検隊。丈夫な手袋を装備。素手とかさすがにちょっとそれは。肌寒い雨の日の翌日、晴天、絶好のヘビ日和。おお、いたいた。早速自宅の裏手の畦で発見。半端に保護色だから意外と近くにいたときにすごくびっくりするから困る。じゃいきますか。ほほう、なかなか長いな。まぁなんだ、最初からいきなり掴みかかるとか無理なことはしちゃいけないよね。よく観察せよ。ふむ、動かないな。死んでるのじゃないかしら。もう一歩近づいても大丈夫かな?ザッ。

サササササ(ヘビの逃げる音)。サササササ(僕が引く音)。うわぉ動いた動いた。いきなり早い。おお怖ええ。あぁ、見えなくなっちゃった。しかしわりと近づけるものだ。それが嫌なんだけど。せめて半径10m以内に近づいたら全速力で逃げるくらいはしてくれないとこっちが怖い。

今のはほんの小手調べ。次はもっとアクティブにいくよ。いきますよ。次いたらだけどぉー。お"おオぉ、いたいた。足元に。ほんとやめてほしい。水路のコンクリと畦の間の凹んだ所に潜んでた。もうその上に足載せてた。あやうく声が出るところだった。ちょっと出た。幸いヘビ自体は踏んでなかった。しかしこれは手を入れづらい。おおこやつ、身体を丸め始めたぞ。この体勢はまずい、何かあれば鎌首もたげて噛みついてくる感じだ。

秘密兵器登場。家の物置から持ってきた、この何て言うか、柄の長い熊手みたいな物。ヒトは武器を持った姿こそ戦闘形態。搦め取ってくれるわ。手で掴むことはできずとも、エモノを使ってヘビを捕えるところに来るまで3年かかった。む、意外と固い感触。そりゃそうだよね、鼠とか絞め殺すくらいだもの、筋肉は相当なもののはず。案外暴れないな。じめじめした日陰にいたから身体が冷えてるのか。この長い体のうねりの隙間にうまいこと、よっ、はっ。

画像


いける、いけるぞ。フォークで麺を掬う如く、柄の先の金具の歯に引っ掛ける。うっひょう気持ち悪い。どうか柄の方に上ってきたりはしないで。ん、そんな元気もないのか?首をやや上げる程度でほとんど動かないヘビ。うねうね動かれるよりはよっぽどいいけど。だらん、とぶら下がった形がどうにも気味悪い。ふおおおお。

どうしよう。捕まえたまではいいけどこの後どうしよう。素手でつかんじゃう?まぁ待て。無理。なんかこれは無理。いけそうな気がしたけど、そう思った途端に、「噛みつかれたら嫌だ」という新しい恐怖が生まれた。今までは「気持ち悪くてやだ」だったのに。これはきっと克服への第二段階。一段上がったところでとりあえずこの子は野に放つ。何事も無理をしてはいけん。よね。


やっぱりまだ無理だね、うんそうだね、と頭の上で天使と悪魔が合意。帰ろう。帰り道、ふと川を見る。なにやら薄茶色の長いロープ状のものが、水路の段差でできる渦みたいなのにもてあそばれてる。沈んだり浮いたり。ヘビだ。くそっ、こんなところにもいるとは。さすが田舎だぜ。もう晴れた日になんか散歩できない。花粉も飛ぶしね。天気のいい日にお外に出てもなんもいいことなんかないよ。家でMMOやってる方が賢いよね。

画像


…助けてやろう。人間(僕)の勝手な都合で、お仲間のお休みのところにちょっかい出してしまった償いに。というかこの、渦に巻き込まれてる姿が無性に気味悪いし。死んでそうだし。その辺に置いとけばカラスとかトンビとかが持ってくだろう。先ほどと同じく長い熊手(?)の先に引っ掛けて。よっと。おお?首をもたげた。こいつ動く、動くぞ。生きておるわいのぉ。

生きてるとなると、鳥にくれてやるのも残酷な気がしてきた。畦に逃がしてやろう。ぽいっ。…動かない。なんか体表の色がかなり薄い?ずっと水の中にいたから体が冷えすぎてるのかしらん。突っついてみる。尻尾すら動かない。辛うじて頭と首だけに力が入る様子。首ってどこまでが首だかよくわからないけれど。

画像


これはチャンスだ。ここまで戦闘能力を失っているヘビならば余裕でつかめる。気がした。やれる、俺ならやれると暗示をかける。ヘビ如き恐れてどうする。一気にいけ。「てぇぇぇぃ」。怪談を聞いた後のかわいらしい女の子キャラが何か思い切ってトイレのドアを開ける時みたいな声が脳内に聞こえた。漢などいなかった。

それでも掴んだ。首根っこと尻尾の方を指先でつまんで、持ち上げた。おっほぉぉ、やればできるじゃん。がくがく。引け腰。静かに地面に戻す。まだ動かない。まだこれじゃヘビを掴んだといえないな。握らねば。いけるぜ。がっし。箒の柄を持つ如くヘビの体の中程をつかむ。筋肉を感じる背中側。腹側はわりとやわらかい。冷たい。

終えた…ついに目的を果たしたぞ…。決意してから4年目にしてようやく、ヘビをこの手につかむことができた。大人の階段一段上がった。レベルも3くらいUPした気がする。精神年齢も2くらいは上がったはず。いや…でもこれは本当に当初の目的を果たしたと言えるのだろうか。うねうね動くヘビを、素早く手づかみにしてえいやっと放ることこそ、いや放らなくともどこかに持ち運んで逃がすようなことが出来る様になることこそ悲願ではなかったろうか。ほぼ死体も同然の相手(ヘビ)をつまんで持ったところで、それが何の意味を持つというのか。

…来年だな。5カ年計画でいこう。もう十分頑張ったよ、今年は。来年こそは、健常なヘビをものともせず己の手で捕まえられるようになろう。きっと…。

冷えたヘビをしばらくしてからまた見に行ったら、手を震わせながら引いた線みたいに体をぐねぐねに曲げて休んでました。たぶん体温を上げるとかなるべく逃がさないようにする恰好だったのだと思います。ちょっと尻尾触ったら元気に逃げてゆきました。

画像


特にオチはないです。
最後気持ち悪い絵でごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
残念なお話とか・・・いろいろなんだなぁって思いつつ
フレさんのイラスト見て、的確ですなって思ったw
ブログの内容と全然関係なくてごめんなさいです|ω;`)
erie
2011/06/09 21:55
的確…!?どれのことかしら。ふふふ、まぁ来ていただいてもここには残念な記事しかありませぬ。しょぼい体験。されども、「本気!」から引用させていただくと、『極道は小さな幸せを大きく喜ぶことを知っています』みたいな感じで行こうかしらん。人間の偉大さはそういうところにもありそうな。

暑くなってきて、erieさんもお仕事の方一層大変かと思いますが、どうぞお体ご自愛ください。あぁ、ビールうめぇ(*・ω・)=3
Flerov
2011/06/09 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
本、ヘビ ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる