ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 蹴りたいお腹

<<   作成日時 : 2011/09/05 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


だーれがころした…じゃないけど。
…いや、あのポーズが頭に刻み込まれているのやも。

画像


A4OさんのHP用のイラストをいくつか描き途中。
色塗り全然練習してなくて苦手意識があったけど、細かいところまでわかるちゃんとした資料(SS)見ながら描いてると勉強になって結構面白いなと思いました。もっとそれっぽく描きたい。


画像


良い感じの顔だ…。遊んでないけど作ったキャラ3体目。ポポリ。ppr。pp..| x ・)

そういえばアトラスなパンサガ、気づけばもう1か月くらいやってないなぁ…


−−−




このBGMなんて曲なのでしょう。


−−−


台風の被害がひどい…。自分のとこが大した雨も降らないから、甘い想像してました。
今年はもう水の災禍は見たくないですね(´・ω・)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんどもいうようでぃすが
フレロフさんのキャラなら
TERAやってまつ(,,・`ω´・)(,,-`ω´-) ))あぃっ!
ポポ・・・なんちゃらな人も
多分そういうと思いまつ・・・うん
お腹ポンポンしたくなるね、うんw

水災害すごい怖い
小さい頃「七夕豪雨(台風ではなかったはず)」というヤツを
体験してまして・・・・
幼いながらに覚えているのが
雨戸(木製)の内側をザーザー流れ落ちる水とか
歩くとじゅぶじゅぶ音が鳴る畳とか
停電しちゃったのでラジオ聞きながら
2階で「なんで暗いのー?TVみたーぃ」と
だだこねてたらしいこととか・・・ぁぁぁぁあorz
翌日雨が去って後片付けの最中
多分父が撮っただろう一枚の写真
後ろに写る瓦礫の山と川になってしまっている道路
人が歩くために渡した一枚の板
その板の上で満面の笑みで微笑む幼いころのおいら(当時2.3歳)
たまに実家で目にしますがかなりシュールな一枚です
その時は知人親戚には犠牲者はなく被害だけですんだのですが
今後のコトを思うときがきではありませんね
川の下手に住んでるからなお怖い><;
ただ自営業の為移転がままならないそうです
早く丈夫な土地に移ってほしいんですけどね^^;

本当にこれ以上被害がでないコトを
祈ってやみません
フレロフさんのとこも気を付けて
くださいね〜
夏路
2011/09/06 08:27
いやいいキャラですよポポリ。なんかふんぞり返ってるポーズがデフォルトなのはどうかと思いますがそれはそれとして。木の実から生まれるとかファンタジーでいいよね。あのお腹には夢が詰まってるのですよ。

畳がじゅぶじゅぶ鳴るってのはリアルで嫌ですね。水の災害はあとの始末がほんと大変そう。家が流されるまでいかなくとも、床上浸水とか想像しただけで滅入ります。その点、子供は無邪気に楽しんじゃうところがあって、いいような悪いような。平時をあたりまえとしてシステム化されたものはこういうとき悲惨なことになりますね。その日常が崩れるのはほんと物語の中だけでいいや。

僕のとこは今までさした災害もなく、恵まれた土地だなと思います。でもちょっと前に大雨が降って水道が使えなくなったりもしたので、決して完璧なものではないのでしょう。安全に慣れて危機感が薄れてしまっているので、なんかあったとき大丈夫かなと不安にもなります。やっとこさうちの地域も自治防災の意識が出てきたので、良い傾向なのかなと思います。そちらもお気をつけて|ω・)ノ
Flerov
2011/09/06 19:15
・x)ん?呼ばれた気がしたよ
2つ目の猫ぽいポポリさんのお腹には何が入っているんだろう・・・
→袋から頭手足突き破って遊んでる猫ぽいイメージでしたん
ppk
2011/09/12 18:05
そうか、顔文字は目の位置が逆だったのか…|x・)
今頃気づく事実|・x)))
お腹膨らませ過ぎましたね。でももう直すのもめんどくさく…いえ、あの中には夢が詰まっ…あぁ、それはもう書いてた。むう…あの…あれです、ハムスターのほほぶくろ的な用途で…
Flerov
2011/09/12 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
蹴りたいお腹 ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる