ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 線路はつづくらしいよ

<<   作成日時 : 2012/01/30 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

がたん ごとん … がたん ごとん …

画像


あ、オムレツにケチャップつけ忘れた。

クレリックがやっとこLv54。体力(LP)がもうちょい欲しい。防具の鍛錬値も+6にしたい。鎧下が欲しい。いくつかの魂が欲しい。……、高っけぇなぁ……。

20000PPで一回回せるガチャが復活。うわぁ高っ。でも防具セットなら…ああっ、セットじゃなかった…っ!

ほんとUSAもパンサガの方はガチャ頼り。日本もそうだけど、+7やら8やらが前提(そうじゃないと効果が出ない)の装備品なんかも多くて、えげつないなあと思うのでした。


USAなネオスチは、終了前に一度は見ておこうかなと思って日曜RVRにほんの20分かそこらだけ参加してみました。ちらっと見るだけ。二回もサービス終了の日を経験しなくてもいいんじゃないかなと思うので最終日にはINしない…というか5日は旅行の予定だった。4年ぶりに京都。あの時は雪が綺麗だったなあ。

敢えてあんまり愛着湧かないようにしてたかも。いやどうだろ。神秘にも以前キャラ作ってあったけど、白いポム見ちゃうとなんかさみしくなっちゃってだめですね。


−−−


ここ数年、時間の過ぎるのが異常に速く感じられるわけですけれども、じゃあ1年前、なにやってたかな。というところで、日記でもつけてると非常に思い出しやすくていいですね。

かれこれ4年ほどは日々日記をつける習慣をつけてるのですが、ほぼ単語の羅列みたいなもの。その日の天気と、ごくごく簡単なその日の出来事やら仕事の内容やらについて。…おお、簡潔過ぎてなにがなんだかわからん…。

『1月3日 べいしあ ねこ』 なんじゃこりゃ。『1月7日 USPSOBT開始』 ? ああ、アメリカのパンサガのOBTのことか…。自分にだけわかればいい…と思ってたら、日常の事柄に関してはもはや自分にすらわからないものが多々。めぞん一刻の惣一郎さん並の日記。いや、惣一郎さんはその日の献立だったからはっきりしてるか…。

1月8日には火事。そうそう、そうだった。絵日記にもしたけど、あれはきつかった…。今までの中で、山登りした捜索含めてワースト3に入る…。これはちょうど1年位前の出来事に思える感じかも。体感で。ふむ、じゃあ時間経過の感覚もそんなに鈍くなってないかなぁ。


去年の記事(の下の方)


その放火の犯人が最近ようやく逮捕されたとのこと。あれまぁ、被害者のお身内の方でしたか…。なんだかいろいろ想像を巡らせてしまいます。消火に関わっただけに、気になるところもあり。

火事が起きる2週間ばかり前には同じお宅でタイヤを焼く小火なんかがあったそうで、時には重大な事件の前兆というものがあるのかも、とか思いました。身近な人の変化や異常みたいなものに、早めに気づけたらいいですね。気づくばかりじゃなくて、何らかの対処も。なんてね。できねーっつー話ですよね。なんでしたっけ、傍観者効果?みたいな?できないもんなんですよ。ねえ。


…この記事も途中まで書いてからまたもや既に二週間が経過…。きっと寒いのがよくないんだ、うん。今年はコタツ無しで乗り切る予定。コタツどころか一切の暖房器具が部屋にないのよさ。着込む。唯一熱を発する物といったらパソ子さんくらい。日々凍りつく窓。しかしここまできたらやるしか…っ。


−−


終わりゆく1月。ゆく月くる月。なぜここ数年、妙に時間が早く過ぎるような気がするのか考えてみたところ、これはきっと未来への期待を抱いていないからなのではないかと思い至って早合点。

いやいや、まんざら間違ってもいないのじゃないかしら。若い頃は、その有り余る妄想力に任せて自分の将来をあれやこれやと幾パターンも脳内で作り上げ、軽く人類の限界すら突破できたものですが、どうやら自分の枠らしきものに収まった的な今日この頃においては、あんまり荒唐無稽な将来像はようできませんもの。ねぇ。

そういう、若かりし頃には、仮想な未来の時間がすでに自分の中でびゅんびゅん流れてた。現実の時間の流れの方がだいぶ遅く思えた。ような気がする。早く未来に行きたいものよのう。なんて。たぶん。そうだったんじゃないかなぁ。

今?未来とか…将来とか…できるだけ来てほしくないくらいのもの。寂しく死んでゆくのであろう。ちょっと考えると、暗く寒い、じめじめしつつもどこか乾いた10年先の世界。失業するところまで想像したところでカーズは考えるのをやめた。10年とか。たったそれだけしか想像できないのか、と、幸せな老後まで空想していた昔の僕がふふんと笑う。

そうやって未来を見ることをやめたとき、時間はもはや後ろにしかない。はっと振りかえれば、流れて行った過去たちの群れ。そりゃ時間も早く過ぎ去ったような気になりますわ。過ぎた時間しか見えていないのだから。過ぎたことしかわからない。時間の流れに乗ろうという気概もなく、それはただやり過ごすものへと変わっていった。

…いや、よく思い返して見たら、そんなに夢に向かって邁進してたというような記憶はなかったね!なんとかそういうがんばった時期を思い出そうとしてみたものの、無いものはひねり出せなかったぞなもし。そうか、昔っから頭ん中で全部終わる子だった!見事なまでに何かをがんばった思い出が皆無。逆に安心したぜ!ほほう…?

がんばるとね、人は見返りが欲しくなるけんね。がんばればがんばるほど、報酬を期待する。もらえないとがっかりする。じゃあ、がんばらなければ平穏ね。ところが平穏じゃなかった。それはただ寂しいだけのもの。期待してがっかりして恥をかいて切ない思いをして、それでもまた懲りもせず立ち上がるという…やっぱり、そういう起伏がないとね。いかんよね。何かをやり遂げた瞬間が欲しいですよね。それはほんと一瞬なのだけれども。

未来に期待。なんもせず待つ未来、ではなくて。自分もみんなも何とか生きてく中で、何十年後、といわずとも、明日明後日、がんばってればなにかいいことあるやもね。今までなかったものが急に起こるはずがない?いやいや、一度くらいなんかちょっとしたいいことあったでせう。幸せは一瞬だけのもの。想像したり期待するのをやめちゃうと、時間は過ぎ去るだけのものになっちゃうからね。じゃあ…ちょっとがんばるかな。なにを?なにって…、なんだろうね…

よし、とりあえずキャラのレベルをカンストに…


    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)


あぶねあぶね。ほんとゲームは危ないね!がんばればがんばるほど、ほどよく報酬が…。でもそれも、人生の中で得られる一瞬の幸せの一つだけんね。否定するのもアレだよね。受け入れませう。依存するのはまた別の話…


見当違いの見返りを求めちゃうとがっかりするものかも。そういえばこの前読み返した村上ラヂオの中で、「見当違いな褒め方をされると人は駄目になることがある」みたいな文章があったような。関係ないか。いやあるかな。


『村上ラヂオ』(文:村上 春樹、画:大橋 歩) [2011年の読書]
http://zawablog.blog.so-net.ne.jp/2011-06-29

ざわ…ぶろぐ さん)


探したらこちらのブログさんで該当箇所が引用されてたので、紹介させていただきます。

個人的に、感想にすごく同意できます。


−−−


今まで、ワインってなんか不味い印象しかなかった(生臭いような胸が悪くなるような)のだけど、先日試しに買ってみた県産の酸化防止剤無添加というワインを飲んだところ、変な後味も無く、さわやかでとても美味しかったです。

こちらの「完熟ナイアガラ」
http://www.goichiwine.co.jp/lineup/item05.php

飲みやすくて香りがとてもいい( ・ω・)
信州にお住まいの人なら、「ゆーめーふくらーむ ごーいーちわいん…」のフレーズをご存じかと思います。あれ聞くと週末の夜って感じがする…。個人的に。

酸化防止剤が添加されてるのが体に合わない気がします。でもちょっと検索したところ、酸化防止剤はそんなに悪いものじゃない感じにあちこちで書かれてる。じゃあ何が違ったんだろうなあ。時季が良かったのかな。もうちょっと飲み比べてみよう。

雰囲気のいい食堂車でおいしいワインを飲んでみたい…とか思いました。食堂車はまだ実際に見たこと無い。子供の頃は寝台車に憧れてたっけ。ドラえもんの道具に、家ごと夜行列車になるってのがあったけど、あれすごくいい。なにがいいって、家から出ずに旅行できるところがいい。いや、ものぐさだからってだけじゃないですよ。見慣れた窓の外の風景が一変するってのもわくわくする。使えるのは夜間のみだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
神秘キャラを描くフレさんを尊敬して、いや対抗して技術キャラを描くようになった俺ですけど
そんな憧れのフレさんと記念撮影…日本時代できなかった悔いのひとつ。
USAに遊びに来たと聞いて、撮影だけでもいつかできるかなーってずっと楽しみにしてたんですけど
き、気が向いたらでいいんで、よかったら来てくださいね
本当にポムがネット界から消えてしまう前にもう一度見納めを、旧友とするのもオツなもんですよヽ('ω`)ノシ 待ってまーす
ぶつだん
2012/01/31 01:38
嘘だッ!たとえ独りだってきっとタルンタルンしてたね!
恥の多いNS生活を送ってきました。過去記事はとても自分で直視できない…。…今もそんな感じですが。

ぶつだんさんと映ってるのあったような気がして探し漁ったけれど気のせいでした。こんなのしかなかった(´・ω・)

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/011/449/65/N000/000/004/132810813451313100997_imknt.jpg

違う人だったらどうしようかしら。
探してるうちに過去のスクショあらかた見返してたら、それでなんかもうお腹いっぱいになってしまいました。いろいろ思い出して…「懐かしい」が半分、「死にたい」が半分くらい。ぐおおお。もう一度くらい本土工場とか行ってみたいような、そうでもないような。まともにログインもしなかったけれど、もっかいお別れに行くのはちょっとつらいです。どっかで続いてるってのに安心してたところもあったのかなあ。
.。 ゚ +.Flerov. +゚
2012/02/02 00:17
工場...いろいろな思い出がありますなぁw
みんなについていけなくて、おお泣きしたりとかw
でも、JOKERのみんなは、工場すきだったねw
なにかあると、工場だったりw
ままちゃんとふれさんのはりきり具合が好きだったなぁ
あと、週末にダンジョン行くのもすごく楽しみだったなぁ
ギルメンでPT組んで、キリエンにいきたかった。。。orz
なんか、こころのこりっすw
erie
2012/02/02 23:51
何故に工場が好きなのか。それはひとえに性格的にひきこもr…僕だけか。いや、そんなことはないはず…
ダンジョン要素が楽しかったですね。でも結局特定のMOBが出現する時間は覚えられなかったような…。レベル高ければソロで動き回れるのも気楽でした。なにより人がいない(サービス後期)というのが、なんかこう自分だけの隠れ家みたいにも思えて。
ちょっと心残りがあるくらいできっとちょうどいいんですよ!ドラゴニアなんて行ったこと1度しかなかったしね!…いや…行ったことなかったかも?まぁ…深く考え始めると口惜しくなっちゃうから!
Flerov
2012/02/03 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
線路はつづくらしいよ ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる