ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS まけないよ

<<   作成日時 : 2012/10/30 21:24   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

あまりにも中途半端なGIFアニメ

http://digadama.net/blog/2012/10/post-45.html

画像


えー、心臓が…赤恥をかいて心臓が拍動する僕のブログを皆さんに見せたいね。


−−−



 何年かぶりに「いでじゅう!」を引っ張り出してきて読みました。


 中山ちゃんかわええええぇぇぇ!


画像


 ぐはあ。吐血。瀕死。なぜか。この真っ直ぐな青春なお話に耐えられない。もはや若さとか青春といったものが、この体には毒としてしか作用しない。おそらくラブロマあたりも読み返せまい。

 純情さを直視できない。こんな体に誰がした。我か。ほかでもない我が我が身体と魂とを異形の物へと変化せしめた。しかし怪物というほどにはメタモルフォーゼしたものではなく、なんていうか、こう……ちょっと視界に入れたくない感じの、物理的に害は及ぼさないが精神的に多少害のある、中途半端な、まだヒトな、いわゆるキモいキモいと後ろ指差されるモノに成り果てた。無念。無念なりや。

 じゃあどうしますか。どうもせぬ。我は我が道を逝く。手前にお花畑が見える。きれいね。一歩踏み出す。足の裏が空を切る。あらやだ、崖じゃない。あぶないとこだったわ。楽園と我が立つところの間には、亀裂が走っておった。深く、暗く、冷たい谷。

 でもこれ、ちょっとがんばれば跳び越せるんじゃないかしら。昔、小学生の頃、川を跳び越えたみたいに。己の跳躍力を信じろ。とぅあ!

 チキン。助走でつけた勢いを、崖っぷち手前1mの時点で急減速。はっはっは、いやー、これ無理だわ。しかし暗くなってきた。今日はここで野宿しよう。跳ぶかどうかは明日また決めよう。

 ……そうして、数十年の時が流れた。お花畑は依然として、谷の向こうで輝いて見える。跳ぼうか跳ぶまいか、などと考える以前にもはや僕の足は衰えて動かぬ。諦めが、つく。

 ……この谷の底ってどうなってるのかなぁ。案外良いところなんじゃないかなぁ。這いずって崖へ。底を覗く。キラッ、と何かが暗闇の底で光る。耳を澄ませば、水の流れる音がする。川だ。人は川に引き寄せられる。深い、深い場所へも引き寄せられる。気づけば我が体は落下しておった。体のどこにも重さを感じない。自由だ。しかし風が寒い。落ちるごとに、身体が凍ってゆくような気がする。水面が近づいてくる。体がくるりとまわり、仰向けになる。遥か彼方には、亀裂に切り裂かれたような、青い、空が


 ぼしゃん、とかすかな水音が地上に届き、咲き乱れる花のひとひらが散り、弔うように崖下へと舞って行った。


ウォータースライダーァぁっぁぁ!

わけが……わけがわからないよ! こんな未来ってないよ! おかしいよ……! ぐふぅ。こぽぽぽぽぽぽ。こぽこぽ。かぷかぷ。くらむぼん。溺死。


 明日で10月も終わるらしいんですよ。今年も早かったな。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですかマッサラな純な青春ものに若干の難アリと・・・ほうほう・・・

病を治す(病?)ひとつの方法に
「毒をもって毒を制す」とゆう処方がございます
ほかにも
「毒を食らわば皿まで!」とゆうのもございます

フレロフ様にはぜひ
「君に届け」をお勧めいたします

ばってんいっこついた結婚を経て
娘を授かったおいらのようなおばちゃんに
「ふおぉぉぁぁぁあああ」と身をよじるような
「キュンキュン」を与えてくれた作品です

絵柄や作者等の好みもありますので
とりあえず処方箋でだしておきますね〜(*´∇`*)

あ、副作用で他の作品も見たくなるかもしれませんが
それは回復にむかっている証拠ですのでご心配なさらずにw

ではお体ご自愛くださいませ〜
(以上病院風味でお送りいたしました)
夏路
2012/10/31 09:02
君に…届け…
…は…だめでした。自分で一巻買っといて、しまいまで読み切れませんでした。妹たちにはかなり受けたようなのですが、僕には…なんか無理で…。読めない漫画なんてないと思ってたのになあ。

これはあれですね、青春というか恋の物語が体に合わぬということですね。恋愛に果てしなく縁遠い人生を生れてこの方送り続けてきたために、そして中途半端に片思いばかりしてきたために、妙な免疫機構がつくられたのだろうと推測します。美少女恋愛シューティングゲームなんかもはまれないしなぁ。キュンキュンするような恋愛漫画なぞ無理によんだらアナフィラキシーショックで死に至るかもしれません。救急車を呼べ! 搬送! そして病室へ。はっ、まさかそこでかわいいナースな方とあれやこれやが…!?

恋愛模様は想像できませんが、下世話な妄想だけは人一倍です。もう…このままいくしか…

あと、「おおきく振りかぶって」とかも何故だか読めません。どういうことなの…。
Flerov
2012/10/31 11:17
負けるなフレさん!!ログ(ログウェル)なんかやっちまえぇ〜
なんてw懐かしい発言をしてみるw
erie
2012/11/06 13:02
よぅし、殺っちまうか(´・ω・)q
なんて…最近危なっかしい発言をしてみる…

残念ながらもうあのログウェルはいずこにも無く。一度でいいから勝ってみたかったですねえ。いや、一度といわず…
Flerov
2012/11/06 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
まけないよ ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる