ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 空が薄い灰色だから

<<   作成日時 : 2013/06/13 19:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

シマヘビさんたらそんなところに

 人間の素晴らしさは勇気のなんちゃら。ヘビに対する恐怖心をどうにかしよう計画。本格的に手を着け始めてから3年目。

 参考……おととしの記事

画像



 というわけで、「身体が冷えて動きの鈍い」「子ヘビ」なら「手袋越し」で持つのは難なくできる、というところまで来ました。やったね。しかし漂うチキン臭。ならば次は素手か。そしたら成体ヘビか。ちょっとハードル高いな。かなりな。また二年後に期待だな。

 でもなんで今年はこんなに川に流れてくるのか……



画像


 高速じゃなくて、とある山の有料道路。翌日の新聞には特に載ってなくて安心しました。


−−−


 今週は日替わりで気分が激しく上がったり↑下がったり↓(わぉうぜえ!)してるため、木曜なのにもうバテ気味だぴょん。ぴょん。大事な語尾なので二回言いました。ああ? 何か文句があんのかてめえら、このさんずおぶびっちぃずが。うそ。うそよ。ケンカ売ってるなんてそんなことないのよ。でもこれ、ほんと困るわね。万能感とやる気に満ち溢れ、世界さえも統べることができるような気持ちだった翌日に、焦燥感と絶望感に囚われて無気力の内に死にたい死にたいとほざきうめく魔界の生物と化したりするのは。

 よく考えたらこれ、体調のせいでした。日曜・炎天下に日がな一日屋外→夕方にビール・冷酒がぶ飲み→月曜・二日酔いダウン→火曜・体調復活しすぎて窓あけっぱ+布団かぶらずに就寝→水曜・風邪ひき→木曜・体調復活で揺り戻し。

 健全な肉体にハイテンションな精神は宿るというやつです。いや、でも、健全でもなかったわ。微妙に体調悪い。でも心は逆に完全復活的な。そのギャップにより、なんかこう、崩れたバランスを取り戻すために不自然不可解な行動を取ってしまうわけですね。何度でも立ち上がるさ。起き上がり小法師。体の底に、重く重く澱んだ、恨み妬み嫉み憎しみがある限り、そこを重心として起き上がるさ……。

 わぁ、うざいね。っせえな、だまってろよおっさん! おっさん? 誰のことだ。俺のことだ。我が? おっさ……

 いつの頃からだったろう。おっさんと呼ばれる域に達してしまったのは。25の時には小学生におじさんと呼ばれた。いやもうそれ以上は思い出すまい。何度か書いたし。いっそ記憶を改竄してしまおうか。やめとくか。

 いかんな、テンションが下がってきましたな。やっぱりくよくよねちねち考えるのはいかんですよ。ええ。それは自分の首に縄を巻いて徐々に絞めるかの如し。死んでしまいますぞ。くっ、びくっ、びくっ、き、気持ちいい……。おお、こりゃしばらくは死なんな。

 僕の趣味は法定速度の車の中でアニメソングやヒーローソングを控えめに熱唱することなんですけれども、最近はそれに抵抗を感じます。別に、声が外に漏れてるのをびくびく恐れてるわけじゃないこともないんですけれども、それはたいへん恐ろしいのですけれども、そうじゃなくて歌詞に対して。

 たとえば、ウィンスペクターの歌詞中に、「地球を救え 悪の手から 未来を救え あやまちから」という部分があります。しかし、これを僕たちが歌うのはいかがなものか。原発のアレを防げなかった。未来の子供たちを危険にさらしてしまった。あやまちから、未来を救えなかった。そう思うと、とても熱唱などできるものでは。

 なんてな。じゃあ原発禍以前はどうだったんだよと。愛する者を、自分を捨てても守る覚悟はあったのかと。予測不能のハザードを越えて、まっすぐ君を助け出す熱意はあったのかと。迷い子にさせたくない子供たちに信じてもらえるほどの、勇気を持ててはいたのかと。胸のエンジンに火を点けられるような行動力はあったのかと。

 ないわ。何、一つとして、持ち合わせておりませなんだ。それらが収まるべき自分の心の中の器には、なにやらガラクタばかりが詰め込まれておりますわ。でも歌う。そう、口先だけだ。ほんともう、言葉の上だけだ。

 じゃあ、いいんじゃないすかね。言葉だけでも。ええ。よしとしましょう。物語など所詮は人の祈りの形だ。叶わぬものだ。平時の手慰みの暇つぶしの片手間の娯楽だ。わかっているさ。子供もいつまでも子供じゃない。というか気づけばあっという間に大人だ。先人を責められる達者な言葉を使うようになったらもうすでにその時は。一体どこに子供がいるというのだ。んん?

 ぷかぷか。くぷくぷ。沈んでゆく。みずのなか。ひかり、ちらばる。おと、ながれる。からだ、とろける。

 考えるのをやめた。ちかれた。そういえば全然関係ないんですけど、中学の時の先生が市議選に出馬するとかなんとか聞いたような。馬名は……マッカフラッグかな。レッドのがいいかな。そうかそうか。とくに嫌な印象はない先生だったな。応援しちゃおっかな。なんてな。あそこはやだ、あれもやだ、これもだめ、それもだめ、じゃああとはここしかないけど別に好きじゃないんだけどな、やだな、でもこれ切ったら他もうないしな、くらいの消去法の果ての果てに迷った挙句やむなく選ぶという程度でいってみようかな。

 血迷うな。汝、血迷うなかれ。じゃあ、ネット上に国を創ればいいじゃない。ぼく、おうさま。おまえら、しんみん。おうさまは裸であるいてもおこらえない。ギロチンにかけられるその日まで。裁け! 裁けよ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
久々に、フレ画伯の力作をみたきがするw
私も絵がかけたら、フレさんみたいに絵日記風にかけるのになぁ
事故とかあると焦りますよねん
夜勤で、利用者さんの体調の急変とかあると・・・|彡サッ
|ω・´)bいろいろ大変なのだw
erie
2013/06/13 23:45
目一杯描き殴りです(ノ゚ω。)b
事故は焦りますねえ……当事者じゃないのに。ああいうとき、的確に優先順位判断できるようになりたいなといつも思います。
病院とか介護施設は大変なんだろうなあ。いや、そこができるからプロなのでしょうけども。僕はぜったいできぬ。おろおろするのが容易に想像できる。病院から119番しかねない。
Flerov
2013/06/14 01:29
事故・事件と色々起こる今日この頃、
せめて週末は戦士の休息を十分堪能し、
また乾燥した世間へ戦いにλλλ

あ...宝くじ当てよう!!(コレシカナイナ
kenken
2013/06/14 13:03
退くことを知らない、鋼鉄のソルジャーたちよ。休め。休息せよ。金色の、雷の羽と剣とをもって、明日の平和への礎となり、君だけの心に浮かぶ透明な道標となれ。僕らは僕らの墓標を探そう。宝くじでもかまうまい。生ビールがあるじゃないか。週末はチラ見せだ。夏服がいいのです。きゃわいい。乾いてるより湿ってる方がいいのです。じめじめ。じめじめ……
Flerov
2013/06/16 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
空が薄い灰色だから ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる