ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS でんでろでろでろ

<<   作成日時 : 2014/07/04 07:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 わーい、ベールきたよー。

画像


 ……。

 ち、ちがうんだ、マイティウォークがあったから……バッグとかも期限近かったから……。前回あんだけ、こんな運営会社に金なんて払うか、とかのたまってたのに何やってんだと自分でも思うけど、生活必需品は買わなくちゃいけないじゃない? だって、ここが僕の住処。家賃は払わねばならぬ。

 しかし、個人的にはこの、ベールのひだがつくる白色の濃淡が無いのが残念といえば残念。ふわーってしてるね。まぁ角度によってはあるっちゃあるけど……。

 触媒がちょこっとあったので再構築。その履歴。日本刀にはもうぶっこまない。

画像


 僕のしがない予想だけども、ディレイタイムのランダムオプションがつく確率が相当に低いのじゃないかと思う。

 これでまぁLPはほぼ最大値だし(公式発表の数値を信頼するならば)、これ以上やってなんもつかなくなったらやだなぁと思ったのでとりあえず次に触媒を5個くらいは偶然手に入れる日まで保留。

 触媒といえば、ビットキャッシュのキャンペーンで宝石箱的な景品が20何個か振り込まれてて、開けてみたら覚醒の小・中・大欠片がいくつか入ってきた。小15、中3、大2。どーせ成功するわけないんで、端から期待してない儀式刀に全部突っ込む。全部突っ込んだ。成功は大欠片の一回のみ。しかもランダムオプションつかず。知ってた。欠片ごときになんも期待できぬわ。あとはなんか、期間一日のバッグとか倉庫とかビットキャッシュの魂Bもらえた。ほぼ無視していいものたち……でも、キャンペーン期間長いから、蓄積すれば結構助かるやも。


 あぁ、前回はひどい記事書いた。厭味ったらしいったらないね。やな奴だ。ストレス発散の疑いもある。でも気持ちとしてはこれで五分五分くらいじゃないかと思わないでもないの。俺も酷いが、奴らはもっと許せんのだ! さて、まさか罪悪感から今回PP買ったとかそういう馬鹿げた理由では……ない……はず……。自身に問う。ちがうちがう。ちがうってば。

 ともあれ、運営という掌が無ければ、僕らは掌の上で遊ぶことすらできぬのだ。こんな過疎ゲーよく維持できてるものだと感心しないでもない。毎週のように新アイテムが出てくるのも、性能や料金を別にすればがんばってるなと思う。でもされど、たまには噛みついてもいいよね。たまにどころじゃないか。がぶがぶ。ぬう、噛み切ったのに血が出ない……暖かい赤い血も流れておらぬわ。

 あの10時間限定感謝祭とかいう○○(放送禁止)なキャンペーンは未来永劫許すことはない(下手すりゃそんなキャンペーンがあったことすら気づかなかったユーザーもいると思う)けれど、僕はアバター集めがゲーム内で本職だから。ベール買ってもしょうがないね。しょうがないよね。あれっ、防御力「1」!? まぁ、薄い布だからね。しょうがないね。


 そのうち、ウェディングドレスとか一式出てくるに違いないから。まさか角隠しとか来ないだろうな。裾さえ十分に長く取ってくれれば、ラピンにだってドレス似合うはずだから。アスティアンドレスの悲劇は決して繰り返してはならないから。ラピンの立ち姿がアレか……。腕がなあ。ドレスきたら、ブーケを胸元で抱える感じにしてくれたらいいなと思う。

 これ、実はデザインコンテストの採用作品だったりしないかな。ウェディングドレスとかいいかも、なんて、僕もちらっと考えた。描かなかっ……描けなかった、けど。僕が実際送った作品は、「おまえこれほんとに受けると思ってんのか」と言われてもやむないようなものだった。と今思う。ドレス描いとけばもしかしたら……

 違うかな。それはそれとして、ベールのみとかだったらちょっとおかしいよね。開発間に合わなかった? 残りは製作中?

 ついでに、がちゃ5回以上プレイでドラゴンな頭が手に入るチャンスだとかいうので回してみた。3等1回、4等1回、5等3回。ふう。クソやね。5等のポーションの量少なすぎ。むなしい。


 なにより許せないのはですね、新装備の紹介が疎かなこと。ベールのアイテム説明の欄、性能とアイコンしかないじゃん。ふつう、ゲーム内のキャラクター(全種族)が実際装備してる画像があって然るべきでしょうに。どんな見た目になるかわからないもんを、15000円で買わせようという心根が気に入らない。バステトパンツの時もラピンの外観は無かった。怪しい匂いがプンプンしますぞ。

 そりゃ、単品で15000円するわけじゃないですよ。ほかのアイテムを買うためのPPを購入して、そしたらオマケでコレついてきますよ、ってキャンペーンですよ。建前は。小賢しいぜ。

 今装備してるディレイ用兜は白サンタ帽子なんで、性能的にこっちに替えてもいいなと思う。ただしランダムオプションが曲者。

 ランダムオプションのシステムも死ぬほど鬱陶しいぜ。特に日本刀。「まったく付かない」ってパターンは無しにした方が絶対いいんだけどな。だってこれ、がちゃで言ったら、ハズレ引いて何にももらえなかった、ってのとほぼ同じ事でしょ。ユーザーの体感としては……。

 高っかい触媒使って0に戻ると、運営に対する憎しみと嫌悪感が半端ない。すこぶる印象が悪い。そういうとこ下手だと思う。まぁ、そういう炎上ギャンブル商法狙ってるんならもうしょうがないやね。そういうやり方は、稼げるようでいて、実際は逃した魚の方が大きいんじゃないかと思わないでもない。離れた人、帰ってきてますか? 新規の人は増えてますか? 僕は先月、課金抑えたよ。触媒キャンペーンの時も買わなかったよ。何も無い未来が予想されて、空しいから。


 つーても、結局PP買ってるんだからアホの仲間ですわね。こういう時はどうやって自分を納得させたものか。心の中の言い訳担当の自分曰く、「どーせあと半年か1年か、長くても2年で終わるゲームなんだから、遊べるときに遊んどけ」。あぁ、そうか。そうだよな。ありがとう、言い訳担当。ちょっと心が軽くなったよ。

 ……もし3年とか続いたらどうする? そんときはそんときですわ。でもまぁ、まず無い、かな。

画像


 何の必要もなかったけど、たまたま露店で売られてたので買った。ウェディングベール入手記念に。これもなんかの縁だと思って。10m。


−−


 木曜の朝見たら、この前の強化油キャンペーンの説明が再び訂正されてた。

画像


 6月28日(土)が6月29日(日)に。相変わらず、「訂正しました」という記述は無し。まぁ……毎度のことなので、ユーザーの方で注意深く説明を読み込まないといけないなとは思います。安易にキャンペーン参加例など信用できない。もう一切金輪際。

 でもなー。いったいどこまで記述が誤ってるのかユーザーの方では判断つかないこともあり得るし。たとえば、今回のウェディングベールについても、

>期間中に、15,000PPご購入いただいく毎に
>「 ウェディングベール 」を1個プレゼント!

という説明だったけど、同じページの上の方では、

>パンドラポイント(以下PP)をご利用いただくことで、
>必ず貰えるアイテムとなっております。

となってる。購入なのか利用なのか、条件がなんだか曖昧。大丈夫だろうとは思ったけど、木曜の朝に気づいてふと不安になった。まさか、PP買っただけじゃだめで、使い切らなきゃいけないのか、と。どちらが正しいのかわからない。

 メンテ明けの午後6時過ぎにログインしてアイテムボックス見たら、ベールが振り込まれてなかった。んんっ!? これはやはり、「購入」じゃなくて「利用」が条件だったのか!? 表記ミスか! だが僕はあきらめない! と意気込んでさっそくメール送信。あっというまに振り込まれた。は、早い……。対応早いじゃない! どうしたの!? もうちょっと待ってればよかったのか、それともメール送ったのが功を奏したのか。

 訂正されてた。

画像


 「15,000PPご購入いただいく毎に」が、「15,000PPご利用、あるいはご購入いただいく毎に」に変わってた。どうもやっぱ、「利用」がそもそもの条件だったっぽい。でも「いただいく」は修正されてなかった。お茶目さんか。

 強化油のと違って、今回は赤文字で修正の印とお詫びの文面あり。ほらー、一言あるだけで、全然印象違うじゃん! 最悪なパターンは、こっそり修正した上で購入のみのユーザーには配布されないことだったけど、さすがにそれはなかったね! よかった!


 あと地味に訂正があったのは、ペリステラーベルトのところ。LP回復スキルの回復量が+58%から+59%に変更されてた。でもまだ他の箇所が……違うと思うのだけど……

 以前の記事でベルト性能の説明おかしいんじゃないかと指摘してみたけど、誰からも反応がなくていまだに不安。僕が間違ってるという可能性も多分にあるので。あぁ誰か検証してみてほしい。少なくとも霊感の値は間違ってる。

 ある意味ユーザー参加型。チェックをユーザーに預けてるところがあるんで、なんか報酬でも欲しいような気がしてきた。


 そんで、気になってたベール固有バフスキル「大いなる天使の祝福」。霊感40くらいのクレリックで試してみた。ワンダラーにできるのはファイアボルト連発くらいだったけど。


結果

 バフあり 185  270

 バフ無し 188  276


 誤差程度。ふええ。まぁ、そもそものダメージ量が……

 あれー。もっと霊感なきゃだめか。酔っぱらいながら寝落ちしながらの検証だったので、数値も怪しい。目が覚めたらなんかエクセルにそれっぽい記録が残ってたけど、あまりというか全然信用ならない。

 ただ、フライングエッジのダメージはバフの有無にかかわらず同じだった。これは本当……のはず。がっかりしたもの。無属性の魔法は軽減されない? また今度ちゃんと検証してみよう。


−−


 白魔法陣を試してみたくなってアイテムトレード。いざ。んんっ!? 装備可能レベル65の文字が赤い。我がクレリックは63にござる。まじでー。無用の長物。さすが精神的状態異常耐性−100%。効いた。

 えーと、コンちゃんマップいつまでだっけ?

>2014年6月19日(木)定期メンテナンス後 〜 2014年7月2日(木)定期メンテナンス前まで

 日付が間違ってるけれども、とにかく終わりだ。しまった……。んあぁ。やっちゃったな。


−−


 僕は僕を屑だと言う。言っていられる内が……

 これ以上先に進んだとき、まだ僕は僕を貶していられるかどうかわからない。おそらく言っていられないだろう。僕は屑じゃない! と大声で叫び狂うかもしれない。

 なので夜の暗がりの中に戻る。なにも見なくていい世界。目をつむる手間も省ける。


−−


よいどれのたわごと


 運営に対する愚痴ばかりぐちぐち呟いとりますが、もしかしたら的外れであったりするかもしれないとはいつも思う。僕の予想は当たらないわけだし。経験上。

 しかしおかしいと思うことはやはりそれなりにおかしいはず。はず。そんなに世間の価値観とズレてはいないのじゃなかろうか。ギャンブルまがいな商法で稼ぐとかやっぱ変なもんだと思う。

 過疎ったMMOを存続させていくには、既存プレイヤーに月10万の課金が実際問題として必要であるやもしれぬわさ。でも新規は来ないよね。明らかに負のスパイラル。年食ったMMOにそもそも新しい人はなかなか来ないものだろうけれど。


 どこを見ても悪循環。個人的な身の回りに関しても、悪循環が断ち切れぬ。いっそ、絶たなくてもいいのでは? いくとこまで行け。いってしまへ。この世は螺旋、輪廻。巡り巡って好循環に移り変わるやもしれぬ。とにかく、動力がなければ話にならない。動かねば死ぬる。絶つよりは、もしや継続した方がいいのやも……


 話は変わるけど、日本はどこに行くのですかね。戦争に参加する準備が整ってるようにも見える。うちで取ってる新聞なんか見ると、反対反対絶対反対の文字が連なる。でも他所が武力持ってるのにうちだけ無力というのは心許ない。仲間が窮地の時に助けに行けないというのは仁義に悖る。そんな言い方しないか。

 いや、いいんだよ別に損得勘定でも。先を見なきゃね。しかし、見えるの? 僕は先を見ることができた試しがないからよくわからぬ。原子なアレは、見えてなかったじゃないですか。日本があんなに手際悪かったとは思わなかった。そういう意味では僕も神話を信じてた。それともこれは、よくできた方なのかな。

 誰かを犠牲にせねばならない。人口の何%かは死ぬものと思わねばならない。感情を捨てられるかと言ったらやっぱできないもので、理屈ばかりじゃ納得できない。覚悟……覚悟か。なんか他の道はないものかなあ。すでに戦争は始まってるのだろうとは思う。ミサイルどっかんばかりが争いでもない。あれやこの手で奪って奪って……

 そうだ、地球は宇宙人の侵略に脅かされているのかもしれない。まじか。やばいな。原子の力は手放すわけにはゆかぬのやもしれぬ。お隣さんも恐ろしい。

 だめ? だめですか? こんだけワールドワイドな世界になったというに、一緒にゲームも遊べるというに、国と国とはチャンバラせねばならぬのか。いや別に自分と切り離すわけではないけども。国は別に遠くない。国とはそこに住まう人々のこと。人生は戦いではないけども、戦った方が面白い。いや違うな。もっと切羽詰った切実なものがあるのだろうな。というかゲーム内であっても人と人でケンカしてるしね!

 僕は僕の物差しでしか世を測れぬ。僕が窮すれば、この世は戦火に包まれて皆死んでしまへとも思う。僕が幸満ちておれば、あるいは不自由なく過ごせておれば、何を争うことがあろうかと思う。原発もいらないんじゃない? なんて。

 ネットの片隅で愚痴を吐く。大した責任持たなくてよさそうな雰囲気が気楽。現実の責任が己の身を苛むまでは、人は好き勝手なことを言っていられる。ネトゲの運営にいくらでもあぁだこうだ言えるのと似て。ごめんなさいごめんなさい。

 じゃあ黙るか? それも芸がないのじゃなくて? たとえ誰も聞く耳持たなくともさ。戦争を起こさないために戦争を起こせる準備ができたらいいなと思う。でも一方で、人は力を持ったら使いたくなるものだとも思う。使わされるものだとも思う。

 同盟とか、仲間であるなら、仲間が間違ったことをしたら諌められなきゃ嘘だ。ダチがお寒いギャグ言ったらそいつの後ろ頭オモクソはたく(byミツハシ)、それができなきゃ……

 こういうもんだから、と思ったとき、ナニカが力を失くす。どっか彼方に、すごく大事なものがすっ飛んで行くような感じがする。それを覚悟と呼ぶのかどうか知らない。


 また話は全然別のところに変わるのですけども、知り合いでもなく近所というほど近くもないけど、ちょっとした繋がりで、地元の若い人が自殺したと聞いた。僕より10歳ばかり年上の人で、奥さんも子供もいるのに……。多額の借金があったのだとかなんとか。

 年を取るごとに、自分に年の近い若い人が亡くなったり事件を起こしたりするニュースが目につく。そのたびにどうにも嫌な気分になる。陳腐だけども、思いとどまれなかったのか、と思う。止まれなかったんだろうな。

 世代で区切れば、今年生まれてくる人以外、各世代の人はもう決して増えることはない。人口のピラミッドだかなんだかのグラフを思い浮かべる。自分のとこのグラフのバーは、年々少しずつ短くなってゆく。年齢を重ねるごとに、不可逆的に。なにやら不安になるようなならないような。10代のころは今よりもっと稀だった。そういうのは。次は僕かも、なんて思わなかった。

 誰かに自ら命を絶たれると、それはつまり、「お前らが生きてるこの世に、もう生きていたいとは思わなくなった」と言われたような気がする。僕らが生きてるこの世界の全否定。恨まれ憎まれ一切の希望を失った世界に住んでいるような気さえ、一瞬、する。残された僕らが何をどう弁明しようとも、もう彼には声は届かない。卑怯だとも思う。

 戦争に参加することは、人を殺すということは、自らの命を絶つのと逆に、「俺が生きるこの世界にお前らはいらない」と言い放つことだ。人の命を奪わずに、相手を無力化できるようになれば……いいのか? 僕は難しいことはわからぬ。理屈がわからぬ。愚かだと思う。生活だって不真面目だ。でもひたすら感情論で突き通す根性も教義もない。どこにいく。どこにいける?

 収容所。邪魔な奴は、話が分からぬ奴はどっかいけ。バカは失せろ。そう言われてるような気もする。もしくはさっくりと、あちらの世界へ。

 死ぬ気になればなんでもできる、と、自殺した人を知る人は言った。もちろん、言葉通りに受け取れはしない。いらだちや遣る瀬無さや悲しみが押し出されてたまたまそういう言葉として表れてしまったというだけで、ほかの言い方だって可能だったと思う。

 でも敢えて言葉通りに受け取ってみると、死ぬ気になったら人はなんもできないのじゃないかと反発したくなる。誰かに殺されるかもしれないという意味で死ぬ気になったら、まだ抗えるんじゃないかと思う。そこには熱がある。でも自分で自分を殺すとなると、実際にそういった行動を起こすときというのは幾分かの熱を取り戻したときなのだろうけど、その前にはすべてが凍る冷ややかな世界がある。動けない。なにもかもが冷たい。暗い。

 なかなか死ねたものじゃないと思う。死ぬのに恐怖し、苦痛に恐怖する。僕はできなかった。死のうと思ったことが無い人などいないだろうと思う。たぶん、みんな分かる。でも、そこを越えてしまう人がいる。僕の想像の埒外だろうと思う。わからない。わからなくて怖い。もしかしたら、誰もの想像の範疇だけども偶然勢い余って、みたいなことかもしれない。僕は出るはずのない六面サイコロの7番目の数字が出ないか転がすばかりで、それは最初から諦めてるかのようで。

 死ぬ気の人は、死にかけてる。その人だけじゃどうにもならない。自殺した人の親御さんは、相談してくれてたら……と嘆いてたそうな。実際相談してたとして、助けられたかどうかはやっぱりわからない。態度によっては、とどめを刺していたかもしれない。でも、助けたいに違いなかった。死ぬ気の人は周りが助けないとどうにもならない。と思う。想像。

 悲劇はわりと好きだ。特に作り物の世界において。悲しい切ないやるせない。そういう気持ちは、限度を超えると翻せる。快楽に変わる。どこまでも生の亡者。生きるためには、気持ちのいい方がいい。

 部屋を掃除しろ。親孝行しろ。まともに生きろ。現実の目の前の、生活の臭いがする諸問題をこまめに片づけてゆけ。それもできないのに何を大層なことを言い散らかすか。僕は僕に罵声を投げかける。叱咤する。そうであろうと思う。

 僕の中の言い訳担当、弁護士僕が、なにかと世話を焼いてくれる。僕の中のいじけ担当、被告人僕が、なにやらぐちぐち言う。不快な笑みを浮かべる。気に入らない。原告僕が何事かを喚き、裁判官僕がもっともらしいことを言っている。気に入らない。傍聴人としてそれらを見ている僕も気に入らない。気に入る世界が果たしてあるのかわからない。気に入らない。裁判所の外を散歩している僕がいる。爆弾でも落としたくなる。

 その裁判所の外には数百年生き存えている大樹があって、朽ちかけた幹には大きな洞が空いている。その中にうずくまるまた別の僕がいる。こいつは何だろうと思う。暗がりで顔ははっきり見えない。光を向けても、暗闇に飲み込まれる。ぼんやりと、その輪郭だけが灰色の影となって漆黒の中にある。すべてを知ってるような振りをしてるようでもあるし、何にも知らないアホのようにも見える。僕は彼と話したい。僕は僕と話したい。もしかしたら、彼は僕ではないのじゃないかと思って。

 煙が出てくる。僕はおとなしく巻かれる。


−−


 何年か前に捜して見つからなかった行方不明者の情報が今頃耳に入った。あれいつだっけ……。4年前だ。どこかで無事で見つかっていたのだとか。

 情報が回ってこなかったことに不満はあるものの、とにかく生きててよかった。それとも僕が知らなかっただけか!? とりあえず、あの時からずっと気になってたので、心底ほっとした。見つけてあげられなかったのが心残りだったから。

 まあ……なんか実際はよかったよかったで済まないような、ちょっとどろどろした事情があるような風でしたけども。それでもね。喧嘩もできないってのは辛いからね。2日間山登ったのも、無駄じゃなかったな! そこにはいない、ってのがわかるだけでもいいよね。

 探した道からほんの少し外れたところで見つかる、というケースもありますが……。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
でんでろでろでろ ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる