ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼやき納め

<<   作成日時 : 2016/12/31 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

時々描きたくなるセイバーマリオネット。

画像


画像


画像


画像


画像


−−


 そら。空。空元気が空回りし、絵空事にうつつを抜かしてなにやらぼやくも空々し。ここにいる僕は空蝉のようなもの……

 しかしこうしてまたそのようにして、今年も1年が過ぎてしもうた。やむなし。やまなし。かぷかぷわらったよ。

 過ぎたものはしょうがない。いや、今年はわりとがんばったほうじゃないかな。なぁに、僕がそう思えればそれでいいのだ。たとえ今年の内にやり残した仕事をいっとき忘れて心からかなぐり捨てて目を瞑って年末年始に飛び込んでしまっていても、数日後にはそれらが地獄の底から復活してくるとしても、人の思い込みより強いものはきっとないのだから。追い出せ……意識の外へ追いやれ……!

 空という言葉は意外と悪い意味につながっているようで、今日の快晴な青空を眺めていると不思議な気がしてくる。そこになにも無いからか。手に取れず、匂いもなく、極みもいずこであるのやら。

 しかし思いを凝らしてみると、人の心の背景にはいつも空があるのではなかろうか。空には顔がある。晴れもあれば曇りもあり、あるいは涙の雨がふりゃららら。

 空しい。そういうことではなくて。人の心はそもそも本当になんもない空なのかもしれない。胸にぽっかりと空いたナニカ。いやさ、無いからこそ。誰しも、この世は空と知っている。のであろうなぁ。とのことよ。へぇ。そぉ。ふうん。

 心に空がある。空っぽの中にこそなにかがある。かもしれない。そういうものを求めていくのかもしれない。大空に向かって空き缶をおもくそ蹴飛ばして見るもまったく届かず、地に落ちてカラカラと鳴りカラカラと笑い、夢を掴もうとして腕は空を切り、空想の果てに体も塵となりて空に漂う。空葬。

 ふわふわ。ゆらゆら。たゆたいさまよいためらいながらも、今しばらくは人生続くらしいので、新年に期待。括目して己の生き様を見……たくもないが、目を逸らしてばかりでもいけぬね。1年なんとか生きてこられたことに驚きざわめき有り難く思い、こんな人間に関わってくだすった皆々様に感謝の意を表して締めくくりとさせていただけりゃららら。締まらない。

 ではまた明日か明後日……。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
某国民的バトル漫画の主題歌によれば夢を詰め込む余地があります
マイナーSF漫画の剣豪に言わせれば、「空(のごとき存在)は斬れぬ」とのことです
ToygunSlinger
2017/01/05 00:11
ありったけ掻き集めた夢を空っぽの頭に詰め込んで……な、なんと夢見がちな……それはそれで。

不勉強でして、某剣豪のくだりはわかりませなんだ。しかし、斬れないものを斬ってこそ。物理的には斬れずとも、なんかこう、心の中で斬った気になる……ならば、斬れぬものはない……
Flerov
2017/01/05 01:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぼやき納め ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる