光もなく音もなく

いや、やっぱりちょっとは見えるところがあったり、聞こえるものがあったりした方が… 去年も書いてた気がするけど、桜には曇り空でなければいけない。 -- 曇り空は陰りと肌寒さとで人の心をさみしくさせる。そこがきっと僕の曇り空の好きな理由かと思うのだけれど、もう少し考えてみると、曇りとは過程であるという思い込みが…

続きを読む

曇る春

満開の桜と晴れ渡った青空の下じゃ落ち着けない 言葉とは道のことだ。ある景色が見たいとして、そこに至るまでには道がある、あるいは道を拓く。決して道自体が目的ではない。言葉は道に過ぎない。やがて浦島太郎の歌に出てくる竜宮城のように、絵にも描けない美しさを眺める時が来るのかもしれない。そういうものを見たいのだろうと思う。語り得ぬことに到達するまでの道のりが、語り得ること。語り得ぬことを語…

続きを読む

さくさく三月

らくがきばかりしてゐる まっちゃさんから頂いたエーテライトイヤリング。 -- 画像収集ばかりしてゐる 最近他人様のドールさんを描くのが楽しい。 えびてんさん https://twitter.com/ebiten_doll のメリアさん …

続きを読む

1月がどっか行った

2月になり申した。 シティーハンターのBDをやっと購入。2019年の劇場版と、フランスの実写版。どうしよっかなどうしよっかな、もし期待外れだったら悲しいな、などと迷って今頃視聴。面白かったです。よかった。 去年の12月に滅多に行かないコンビニでStill Love Herが流れてて、いい選曲だ、また来よう、と思った。思ったものの、あれから行ってない。そういう奴です。 …

続きを読む

日に日に日が

長くなってきてる感じがする。春に向けて少しずつおひさまが ががが 冬が好きなんで春とか来なくてもいいんじゃないかと思うのだけれど、雪にさほど悩まされない地域だからそんなことをのたまえるのでしょうね。いや……冬はいいぞ……虫もいないし花粉も飛ばない……静かだし…… 理想は木々が雪被る森の中、小屋のような一軒家、静けさと暖炉の火を友に眠るように死……じゃなくて、隠者の如く暮らすこ…

続きを読む

ゆきてきたりて

さて、年の瀬。とはいえ。 シリーズ初期の頃のゆるい感じを出そうとしてどうやら失敗。 クリスマスが来ようが新春が来ようとしても、感覚が合わない。春夏秋冬、同じような一日が続いてゆく。しかし殊に冬場は、やっぱり生命力が落ちてゆくのか、空しく暗い感じになる気がする。寒いしね。凍えて冷たいのは死を連想させるしね。死ぬなら冬だな。夏はちょっとね。 以下はそんな酔っ…

続きを読む

雪に埋もれる前に

2日続けて朝から雪。そして星芒祭開始。 FF14 2020年星芒祭 いやー、やっぱりいいなぁ、クリスマスっぽい風景。3年前にFF14始めたときも、ちょうど星芒祭の時期だった。と思う。酔っ払いの記憶が確かであれば。BGMも街中の飾りつけもよいし、何より雪がちゃんと降ってる。それまで遊んでたゲームでも、こういうのがずっと欲しかった。ゲーム内でも天候で季節を感じられること。 …

続きを読む

紅から黒へ

FF14は、おかげさまでようやく紅蓮編完了。漆黒購入してから1年とちょっと。おお、長かったなぁ……。週に一度しかログインしてなかったりしたら、そりゃそうだけども。 寄る年波。とかく気力が出ない。というのは言い訳で、おそらくは酒飲んでる所為。飲んで寝る。それにしても昔ほどは体力気力ともにやはり落ちてる気がする今日この頃。参ったな。参ったね。なぁに、やる気の波にさえ乗れれば……。 …

続きを読む

さよなら8月

ここ2ヶ月近くは落書きも描いておらず。おお、いかんいかん、夏が終わる。 7月くらいに描いた・・・かな・・・?

続きを読む

ひつじとしてのなにか

夏は、あの、暑い、ですよね。 ふひ、ふひひ。言葉が、出てこない。会話が、できない。いや、独白すらも、怪しい。 めっきり口数が少なくなりました。ネット上での。前回の更新から三ヶ月。ブログには広告という名の蜘蛛の巣が張った。ツイッターという焼き芋屋みたいな感じの、なんていうかちゃんと建ってる店舗じゃない屋台に勤しむ。 勤しんではいない。熱心に勤め励んではいない。何かを売ってもいない…

続きを読む

ゆきにうもれて

桜には曇り空、冷えた空気と雨か雪 十何年か前に、桜と雪とが一緒になった風景を見てみたい、なんてことを思っていたのだけど、近年はわりと普通に見られるようになってしまった。でもそのたびに、思ってたのと違う……という期待外れな感想を抱いてる。この時期の雪は水分多くてべったりしてるし、近所の桜は白っぽいから雪と色が混ざってしまうし、当然足元はぐちゃぐちゃ。そこかしこでびちゃびちゃと水滴の落ちて撥ね…

続きを読む

あれとかこれとか

らくがき -- あとはなんか、去年あたりから書き散らしてたらしいショートストーリーみたいななにか。あんまり読み返してないけど、たぶん中二的なナニカ。酔っ払いのあれこれ。 -- 肌を焼く日差しと蒸した陽炎と蝉の鳴き声の中で、真っ白な足が投げ出されているのが見えた。古い空き家の…

続きを読む

あばばばば

先月描いたり書いたりしてたらくがきとかメモとか何か 吾輩は猫になりたかった。 絵でも描こうと思ってゲームプレイをやめていたら、そのまま2週間ほど過ぎ去った。そのままというのは、ゲームをやめた、という事実だけが続いていたのみで、絵を描いた形跡はない。ただただ酒を飲んで寝転がって種々の動画など眺めて、気づかぬうちに眠りに落ちて、気が付いたら…

続きを読む

2020

あけましてから、はや1ヶ月。もう驚かない。 いちいち時の過行く速度に狼狽えていられるものか。10年20年30年くらいは、またたきする間に過ぎる。 否、数十年分くらいは、まだここにある。我が手の内、足の下、頭上、腹中、胸の内。頭の中は、幸か不幸か20年前から止まっている。そんなつもりはなかったのに、そうなってしまった。 正直、2020年という呼び方に未だに違和感がある。2000年…

続きを読む

年の終わりの駄弁りとて

ゲームプレイに毛布が欠かせない季節ですね。 さて今年も終わりだけれど、別に新年になるからといって何か変わるわけでも無し。 主に気分が変わらない。子供の時はもう、年越しあけおめ、となったら、サンタを信じるが如く、世界がどこか変わったような気がする、と無邪気に信じておれた。お酒など飲まずとも、雰囲気に酔うことが出来た。何かよくわからないが、何か大切そうなものを信じていられた。気が…

続きを読む

そうこうしてるうちに冬

寒いな! 冬だな! 最低気温がもうすぐ零下。10度切ってからは日に日に冷えてくる。もはや毛布1枚では安眠できない。お山に雪も降ったしね。油断してると凍死しかねぬ。 凍えて死んでた。主にブログが。一度間を空けちゃうとダメだな! とうとう半年に一度の更新になってしまった。開設当時が懐かしい。わくわくしながら記事書いてたのにね。記事っていうか日記やね。ゲーム日記。今は……今ではもう…

続きを読む

もう夏らしくて

暑くて嫌になりますね、とか書こうと思ったら今日は涼しい雨 FF14をやったりやらなかったり。ろくに遊ばないわりには新しい有料アイテムが出ると購入してしまうサガ。早いところ紅蓮どころか蒼天クリアしなきゃな、と思うものの、雑多なあれこれにかまけているばかり。 いや、いいよ! いいもの出してくるよスクエアさんは! 女学生の衣装とかね! 空飛ぶ絨毯なんてベタだなと思うけど、そこがいい…

続きを読む

まだ冬のはず

春か。春になってしまうのやね。 春は悲しい季節だ。遠く過ぎ去って手も届かぬかつての春の思い出が、芽吹くが如く花開くが如く心に浮かび、またあるいは、失った人々とこの春を迎えることがもはや出来ぬのを身に染みて感じ、陽のあたたかみと匂いとがもたらす心地よさこそが悲しさとなる。 春に悲しみ夏に憂い、秋に悔やんで冬に祈る。そんな生涯。冬に何を祈るのかって? 春が来ぬようにと…… …

続きを読む

FFSS日記

FF14日記 ひさしぶりにゲームの記録。 赤魔道士の装備更新。ハウスを買うためにギルを貯めてるところだし、ちょっと装備買うの迷ったけど気分転換に。自分のハウス持てるのなんてまだだいぶ先のことだろうし。まだ2mちょい。1mの服買いたくなって困る。 試着で満足しておく。 女子ララにちょっと男の子っぽい服装をさせるのがなにやらツボ。 真上か…

続きを読む

あれやこれや

TRPGログ1月 すみませんFFやりたくて死ぬほど手ぇ抜きました。一部以外。 -- ナニカ なんで描いたか自分でも忘れた。

続きを読む