ふたこぶくじら

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月

<<   作成日時 : 2018/06/29 00:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 17

月一更新。

画像

あたま軽い! せなか暑い!

あやうく6月が終わるところだった。ブログ始めてから11年、11年だっけ、たしかそのくらいだ、その間、毎年6月に更新しなかったことなどないのに……なかったかな。ちょっと思い出せないな。

なににせよ、6月24日は全世界的にUFOの日であり、僕がブログを始めた日であり、しなくてもいいのにネットの片隅で新たな黒歴史を紡ぎ始めた記念日であり、24日はとうの昔に過ぎており、何を言いたいかと言えば、何を言いたいわけでもない振りをしたいわけであり、とりあえず、


カクヨム 「イリヤの空、UFOの夏」 秋山瑞人
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885579795


この前ツイッターで見かけたので張っておこう。どなたか読まれるやもしれぬ。一巻だけ見つからない! と本棚やら段ボールやらを漁って嘆いていたけれども、ここで読めたのでありがたや。

画像


画像


いい年こいたポエマァに世間は優しくないぞ、と思いながらも、書いちゃったものは仕方がない。バカ発見器で探り出されてもしょうがないの。ツイッター怖え。もろもろのまがごとつみけがれあらむをば、はらいたまへきよめたまへ。

くそっ。くそっ。心に深いダメージを負う。いつもの。かつて幾たびとなく、一億と2千年前から繰り返し引き継いできた酔っ払いの負の遺産。酔う者は愚か也。でも? 酔っぱらってるくらいじゃないとできないことも多いのでは? しかしそれは、やらなくてもいいものだったのでは? はぁ? え、何が言いたいの?

何も言いたくないの。さっきも言ったでしょう? 深く、深く落ち込んだりすると、這い上がってくるのがきついから、落ち込まない振りをするの。僕は落ちてない、僕は落ちてない……

落ちてるからね。早く落下傘拡げないと地面で四散するからね。現状を正しく認識して、諦めてパラシュート開こうね。あればね。

あった。あったわ。常備。しないでか。こんなこともあろうかと。あったからね。いったい今まで何度落下したと思ってんだ。なんなら地面に衝撃吸収材置いてるからね。そういうところに落ちるようにしているのよね。あぁ、やわらかい……包み込まれるような……

酔っ払いの朝は早い。草木も眠る丑三つ時、トイレに駆け込む。あるいは這いずり込む。目が覚めるが酔いは覚めない。事によると、目も覚めてはいない。

しかし覚めない夢はなく、覚めない酔いも多分なく、猶恐ろしいことに覚めない自分酔いもない。いっそ覚めなければいいのに、いや、酔ったまま死ねたら……

社会的世間的に死にかける。下手するとそのまま死ぬ。半死半生。社会的に死んでも肉体的には生きている。じゃあいっか。五分五分。釣り合いが取れている。でも精神的にも死ぬのでは? あらあら。2対1。三分二死三分一生。これは……

未練がないね。どうこうないね。違うの。違うの! なにが? 未練はあった方がいいの。絶対死にたくない世界であってほしいの。だって、ねぇ。未練があるならば、つまりまだ生きていたいと思えるならば、それは、その世界は、素晴らしい世界だったという事なのじゃないの? 死んでも別にぃ、なんともぉ、ぉもゎなぃしぃ、と思えてしまう未練無き世界など、くだらないつまらないものであるということなのだ。

「あいつを殺すまでは死にたくない」という方向の未練。あぁ、そっちもあるのね……。浅はかだった。しかし、どういったものであれ、目標がある世界というのは素晴らしいものなのでは?

なさそうね。いや、どうかなぁ。わがんね。おら、田舎モンだで……

うるせぇ、畑でも耕してろ。はい、耕します。雨の日には本を読みます。むかぁしむかしあるところに……

クズがいました。酒を飲まない夜の過ごし方を忘れたクソ野郎です。ごめんなさいごめんなさい。むかしむかしでもないです。今の今です。クズがいます。おまわりさぁん!


グラスに酒を注ぐ。右手で掴んで口元まで運ぶ。そこで止める。
しっかりと止まらない。グラスが微かに震えている。
そこに注がれた液体の表面に複雑な波紋が寄せて打ち合う。

手に持ったものを見つめる。液面にぶつかった光がグラスに反射して散る。
グラスにぶつかった光が液面に反射して散る。透明なそれらに反射した光が、眼の奥にぶつかって散る。

きら、きら。揺らぐ。液体とグラスを通した向こうの景色が揺らぐ。
光が揺らぐ。指が震えている。手が震えている。腕が。脳が。胸の奥が。

揮発した透明が、鼻腔に沁み込む。なぜか体液のように感じるグラスの中の透明が、
口腔に移し込まれる。食道を流れ落ちる。胃の底に溜まる。

素面の世界に別れを告げるのは、酒を飲み込んだ時か、酒が回り始めたときか、それとも、
酒を飲むと決めた時か。酒を飲むのだな、と流された時か。酒に飲まれた時か。
こういうこと書いてる時か。


いい年こいたポエマァに世間は優しくないぞ。おまわりさぁん! 民事不介入。

画像


今月は何やったかな。バラが咲いた。梅をもいだ。ヘビを見かけた。ゲリラ豪雨的なものに遭った。アレの団で毎晩アレしてコレして忙しかった。火事すらあった。暑かった。疲れた。焼肉食べた。夏い。

あと、マウスが壊れた。結構前からガタは来てたけど、とうとうパソ子さんに認識されなくなってしもうた。10年来使い続けてきた、ネオスチもパンサガも共に乗り越えてきた戦友が……まぁ待て、ほっとけば治るかも……

これでFFもできないな、などと思ったけれど、FFはコントローラーで遊んでたのを思い出した。操作方法は思い出せるかしらん。スキルの効果は? ダンジョンのギミックは? はなはだ怪しい。なんかもうめんどくさくなってきちゃったぞ。まだ来月まで忙しいしなぁ。インベントリは満杯だし。サービス購入は見送るか。いや、ここでやめたら本当に遊ばなくなっちゃいそうだ。それはなんだかもったいない。うーん。

まぁいいや。遊びたくなったら遊ぶわさ。たしかアパルトメントはログインしてなくても無くならないはず……だったかな……まだあるよな……あぁそうか、まずはアップデートしないと……

落書きでもするザマス。痺れる右手。じわじわ痛み始める腰。やばい。絵を描くのに向かぬ。コタツトップがいけないのか。やはりちゃんとした机と椅子とを揃えねば。そのためには? 部屋を? まず片づけて? そのためにはまず本棚を買って組み立てて……

なにをするにも。日々のモノグサが祟って。祈れど願えど自然勝手に荒れた汚れた部屋が清まり整うことなど無くて。我が、我が手で、やらねばならぬ。

夢を見た。母が好きだった番組が放送されていて、ほらほらお母さん、と呼びかけた。ああそうだ、母はもう死んで居ないのだ、とすぐに気づいて、夢の中でほろほろと涙を流した。目が覚めると実際に涙が流れていた。なんということでしょう、亡くなってからもう半年以上も経つというに。これはあれか、結局1年くらいは引きずる流れか。

去年の9月にパンサガをやめたすぐ後から症状が急に悪化して、あれよあれよという間に11月には亡くなってしもうた。膵臓がんは見つかってから後が速いと聞いていたけれど、なるほど速かった。告知から2年と持たなかった。それでも、お医者さんの見立てよりかは少しばかり長くがんばってくれた。なんか落書き漫画でこれまでのこと描こうかな、なんて思ってたけど、なかなか描けないものだなと思った。すぐは無理ぽい。でも描いとかないといずれ忘れちゃうしな。当時の自分の日記みたいなものを読み返してみると、ほうほうこんなことを思っていたのか、と忘れかけてたものに気づいたりする。

もうじき新盆。お返しの品を決めねばならぬ。あちらこちらのギフトショップからカタログが届く。そうめんでいいかしら。また人が来る。お茶を出さねばならぬ。め……めんど……

いや。いやいや。そんな。ねえ。めんどいとか。ありがたいことです。ええ。しかし、人と会話する能力に欠ける私めにとっては、大変緊張するものなのであります。言葉が出てこぬ。あう。あうあうあ……笑ってごまかす。えへ、えへへ……ふへへ。なにわろとんねん。

思い返すと、葬式前後はひたすらお湯を沸かしてお茶を出していたような気がする。それから四十九があって新御霊があって……新御霊ってのはこの地域にしかないものだと昨年初めて知った。全国的なものじゃなかったのか。全県的ですらなかった。まじか。

そうこうしているうちにも、親戚やら近所の人やらのとこからも訃報が相次ぐ。しばらく葬式はいいやと思っていたのに、先日も参列した。息子さんを亡くされた親戚のおじさんおばさんとはどう話せばよいのやら。話を聞くだにこちらも辛い。

死ぬというのもなかなか面倒くさいものだなぁ、などと思ふ。ええと、あの人からはこの時にいくら頂いたから今回こちらも同じ額を……あれ? 記録はどこ? 書いといたよね? いや、葬儀の時のじゃなくて、四十九のやつ、あれ? どこ? あれれ?


整理……整頓を……せねば……

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろ大変だったのですね。半分仮想世界の住人だったとしても、現実世界の片割れの方が大切なのは間違いありませんからね...。
リアルが疲弊している時は、じゅうぶんな休息を取るか、ケアルしてくれるパートナーが見つかるといいね !
パンドラは、緑の国がこのところ優勢だけど、ベ、別に顔出ししたって良いんだからね?



紅い国のラピン
2018/06/30 06:32
そう……いつまでも仮想世界でたゆたうがごとく現実世界を置き去りにのんびり過ごしてはいられない……いられなかった……
などということはわかっていたつもりが、現実世界もそこそこどうにか潜り抜けてきていたつもりが、いざこういろいろ起こって過ぎて変わってみると、どっちの足から先に出して歩いていたっけ、みたいな挙動不審になってしまふのでした。どう生きてゆけばよかろう。
休む。すやすや。休んでばかりもいられない。パートナー。いたためしがない。その辺に落ちてないかな。その辺に落ちてるものでいいのかな。天から降ってこないかな。天から降ってきたものならいいだろうな。僕自身が二つに分裂したら、支え合ってゆけるかな。いや、それぞれにひきこもるだろうな。問題が倍になっただけだな。どうしようもないな!
Flerov
2018/06/30 13:00
FF 14はお使いゲームと揶揄される事が多いけど、いろいろなところに出向かないと話が進んでいかないという、実はリアル向けのシミュレーターだったりします。
さすがスクエニ、ほどよく洗脳して世界制覇か? というのは冗談ですが、現実世界で旅するのも良いかもね。結構、意外なところで出会った人が長く付き合える仲魔(?)になったりしますし。
まぁ、あなたのララフェルの様に旅する事で、さらに問題が深刻になるかもしれませんが...。
紅い国のラピン
2018/06/30 19:11
いい忘れたけど、空から落ちてきた女の子を拾ったり、道端に放置されているモビルスーツに乗り込んだら、どんな羽目になるかはわかってますよね ?
紅い国のラピン
2018/06/30 19:34
話が……うう……進まない……。なんか日本チックな街があるらしいじゃないですか。そこに行くためにはメインクエストを進めないといけないみたいで? め、めんどくさ……
いやいや。FF14のメインクエはたいへん楽しいです。どんどん進めたくなるです。ですけども。人見知りぼっち属性にとっては、ところどころに出てくるPT必須なダンジョンの難関が……難関で……
そういうところがより一層楽しくなる要素のはずなのに。人見知……いや、もう言うまい。乗り越えねばならぬのだ。わたしのララフェルは今おそらく3ヶ月ほどアパルトメントの自室で眠り続けているはずです。眠り姫。たいへん! 起こしに行かなきゃ! あ、そうか、お金が要るのね!?
現実でも仮想でも、人付き合いというものを疎かにし続けてきた結果がこれだよ! まぁ待て、これはおそらく僕の被害妄想。忌み嫌われているあるいは無視されるであろうなどという予想は杞憂であるはずなのだ。案外、受け入れてもらえるかもしれぬのだ。
わたし? わたしの方では? そりゃもう、受け入れ態勢万全ですよ。日本の難民受け入れ並みに。おおっ? ちっとも? 来るものは拒まず、去る者は追わず、でも拒み切れず、追いたくなったら地の果てまでも追い、あるいは監視し……
空から落下少女をがっしと受け止め、MSに乗り込めるものなら後先構わず乗り込み、その末にどんな羽目に陥ろうとも、いやさ、そう言った事態は絶対になかろうと思うからこそ安心して大いに望むものであり、望みはすなわち高望みであり、もっと高く、もっと高く……
Flerov
2018/06/30 20:01
この度は誠にご愁傷様です。
なんか、これぐらいしか言えなくてすみません。
気晴らしする機会があればTwitterで絡んでもらえれば、アホな返しはしますぜよ。
はあ、忘れたくないのに忘れていってしまうことが多くて。
はんちょ
2018/07/08 10:12
ありがとうございます。僕もこういう時やそういう時に何と言ったらいいかわかりません。あう、あうあ、ふへ、ふへへ……笑ってごまかす。
既にアホなのに更にツイッターでアホなことをせよと!? いかんのです。もうアホでは立ち行かぬのです。まじめに……ならね……ば……
ぎ。ぐぎぎ。なれぬ。まぢめ。まともに生きようとしたらアホになるしかない。じゃあもう飲むしかないな。
人ってのは悲しいもので……忘れてはいけないものから真っ先に忘れていくんだ! 失くしてはいけないものから真っ先に失ってゆく、それが人の悲しさだ、とアニメ店長の、ええと4巻あたりだったかな、高橋社長がゆうておられました。
悲しい。それはまるで海のやう。人が悲しいお話に惹かれるのは、時々海を見に行きたくなるのに似ているような。海無し県だからか!? そうなのか!? 嗚呼、川の流れの如く。季節も時代も過ぎて。流れ澱まずゆきゆきて海。入水。ぷはぁ。死ねぬ。死ねぬわ。
Flerov
2018/07/08 14:01
フレロフさんや、禁酒して元気だすんやで
ちっぺ
2018/07/10 22:33
そうか……元気が無いのは酒の所為だったか……やってられないな……酒でも飲むか……

でも本当に、飲み過ぎなかった翌朝は体調がいいね! ようし、今日も元気に仕事した後の晩酌が楽しみだぜ!
Flerov
2018/07/11 05:29
テレビでやってたんだけど長野は湿気が少ないからウクレレ演奏にむいてるらしいよ!さあ始めてみよう!
ちっぺ
2018/07/18 21:05
まったく想像もしたことすらなかった方向へのお誘い……!
いま湿度検索したら、82%だそうです。同時刻のさいたま74%より高いです。おらぁ、ウクレレ始めろよ!
Flerov
2018/07/19 23:11
このたびは、ご愁傷さまでした
今更。。。になってしまいましたごめんなさいm(_"_)m
パソコンの表示がちゃんとされず、
ネットはスマホでみること出来るしねぇ
って、しばらくPCから遠ざかっておりました
仕事でどうしても使わなければいけない状態になり、
かろうじて見える文字で仕事して、メール確認して
ふれさんは元気かなって読んでたら。。。

がるさんのお母さんもがんでしたね
もう、7、8年?前くらいになるかな
当時、かける言葉もなくて、どうしたらいいのかな?って
思っていたけど
今では、笑って昔は母親に怒られたとか言ってます
時間が解決してくれるってこういうことかと思いました
ふれさんも今はつらいかもしれませんが
時間が解決してくれると思います
ありきたりで、ごめんね
erie
2018/07/26 10:28
おおう、ありがとうございます。まぁ、もうなんだかんだで亡くなった日より一周忌の日の方が近くなってしまいました。早いな! 早いよもう!
がるさんもそうでしたか……ついぞ知らず。7年前っていうとネオスチ終わってしばらく過ぎてからくらいでしょうか。なつかすぃ。
今はまだアルバムとか日記とか見返すのがどうにも辛くてできなかったりするのですけども、いずれそのうち笑って思い返せる日がくるのだろうなと思います。もうすでに母が元気だったころの生活からは結構離れているのだし。忘れたくはないのだけども。
こんな長文を終わりの方まで読んでくれる人はほぼいなかろう、なんて思ってたのだけど、意外と気を遣ってくださる方々がいらして本当にありがたい限りです。こちらはわりと元気に過ごしております。
エリーさんもがるさんも元気かな!? なんかはんちょも元気そうだよ! 小説とか書いてるし! みんな健やかにお過ごしくだされ。時間が経てばあれこれなんでもかんでも、まぁ、それなりに。なっていくのでせう。ありあと!
Flerov
2018/07/26 21:25
小説『とか』ってなによ!w
でもま、今は趣味で書いてるから気楽ですw
ふれさんも身体には気をつけてね!
はんちょ
2018/07/30 00:09
小説とか……新規ついったーアカウントとか……きっと自分で描いてみたけどなんか違うと凹みながら試行錯誤してる自キャラ絵とか……
書いてる。描いてるはずだ。僕も描いてみたけどなんか違うからアレでした。むつかしいね。どうやら8月も暑くなりそうな様子。でも日は一日一日と短くなってるし、夜は虫が鳴きよるし、極早生のりんごは出荷されてるし、なんだかんだで秋が近い。8月だ、さあ夏だ! なんて思っても、それはすでに秋の準備。なんてこった。終わらない夏などなかった。もう終わりに向かってた。
Flerov
2018/07/31 21:17
まあね!台風もくるりと輪を書くご時世ですもんね。色々ありますわ。私も夜はたいてい酔っ払っているから、Twitterでまたおいでませねー
はんちょ
2018/07/31 22:42
ぴぃひょろろ。回り回る世の中で目が回るほど飲み潰れるのも致し方なし。夜は酔っぱらってるのが常識。素面で白昼を過ごすという苦行を耐えて生き延びてきたのなら、闇夜に泥酔してもいいじゃないですか。ねえ。夜があってよかった。闇に閉ざされてこそ僕は僕となり、街灯に集う虫けらのように僕はパソコンの光るディスプレイの前に吸い寄せられる。ついったりする。しなくてもいいつぶやきをしたりする。なぁに、飲めば治る。飲めば……
またよろしくおねがいします。
Flerov
2018/08/01 20:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月 ふたこぶくじら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる